≪韓国ドラマOST≫「愛の温度」、ベスト名曲 「君じゃなきゃ」=歌詞・解説・アイドル歌手


<「愛の温度」OST(サントラ)、今日の1曲>

Youtube動画:「愛の温度」OST

今回も「愛の温度」のOST紹介をお届けする。本ドラマは、「僕が見つけたシンデレラ」や「また!? オ・ヘヨン~僕が愛した未来(ジカン)」のソ・ヒョンジンと「浪漫ドクター キム・サブ」で注目されたヤン・セジョンがタッグを組んだ作品。
29歳のヒョンスは、出会って数時間である若い青年ジョンソンから告白されてしまう。6歳も年下の男性にからかわれたと怒るヒョンスだが、次第に距離が縮まっていく。愛に対する考えが違う2人が、ぶつかり合いながら関係性に変化が出てくるストーリー。

今日の1曲は、Bongguが歌う「君じゃなきゃ」。

<歌詞の解説>

「恋だった それが全てだった ずっと変わらない ずっと君を待っていた 少し離れても
僕たちはまた会えると 恋は本当に優しくないもの 近づくと遠ざかる でも恋は悪いことばかりでもなく
もう一度 僕のもとにあなたを呼んでくれている」
歌詞の最初では、2人が出会った時のジョンソンの気持ちが表現されている。

※サビ「どうしても君じゃなきゃ 君じゃなきゃダメなんだ 僕の中でたった一人 それは君だった
恋しかった いつも温かくて絶えなかったその笑顔が また僕たちの前にやってきた My love」
ジョンソンの一途で真剣なヒョンスへの気持ちがわかる。

「一日一日を耐えようと 頑張って過ごした時間の中で  それでも思い浮かんだたった一人
それは君だった 目の前にいる君なんだ」2人が離れていた時間のことが表現されている。

※サビのリピート

「たった一つの恋は 一緒にいても何時も恋しい君なんだ 愛しているという言葉よりも
もっと素敵な言葉を伝えたい」ここから最後のサビへ盛り上がっていく。

「熱くなく冷たくもない いつも今この瞬間のように君を温かく抱きしめて 苦しくないように
過ぎた過去の日々を取り戻したい この場所に My love」
優しく穏やかな歌声とメロディーでドラマを盛り上げる。

歌手Bonggu(本名:イ・ボング)は、1986年生まれ。2013年にデュオのGilgu Bongguとしてデビュー。デビュー前はペク・チヨンやパク・ヒョシンらのボイストレーナーだった。
Gilgu BongguとしてもBongguとしてもOSTに参加しており、「愛の温度」や、ドドソソララソ」、「ボーンアゲイン~運命のトライアングル~」、「30だけど17です」などがある。

<ネットユーザーの反応>

「絵がすごく綺麗なドラマだった」
「ソ・ヒョンジンの大人の恋が切ない」
「キム・ジェウクの役悲しすぎた」
「歌詞もメロディーも温かい曲」
「ドラマにピッタリな曲」

「愛の温度」ではソ・ヒョンジンと、ヤン・セジョンの共演で大きな話題を呼び、OSTも大人気となった。

WOW!Korea提供

関連記事

2022.07.03

blank