≪韓国ドラマNOW≫オ・ヨンソ、ソン・ジェリムの死にソ・イングクが関連していると”怒り”=「美男党の事件手帳」3話(視聴率5.6%)あらすじ・ネタバレ

※あらすじ・ネタバレになる内容が含まれています

「美男堂の事件手帳」ソ・イングクの衝撃的な過去が明らかになった。

4日、午後9時50分に放送されたKBS2TV月火ドラマ「美男堂の事件手帳」第3話は視聴率5.6%(ニールセンコリア提供・全国基準)を記録し、月火ドラマ1位を占め底力を継続した。

この日の放送では、男巫のハンジュン(ソ・イングク)と強力班刑事のジェヒ(オ·ヨンソ)の絡み合ったつながりが次第に浮かび上がった。

これに先立ち、ハンジュンは「美男堂」のVVIP顧客ミンギョン(ファンウ・スルヘ)の依頼により、ひき逃げ容疑で逮捕される危機に瀕しているミンギョンの夫ギョンホ(キム・ウォンシク)を救出した。 これに怒った強力班刑事ジェヒは「美男堂」カフェに潜入し、ハンジュンの部屋の中で自分の兄ハン・ジェジョン(ソン・ジェリム)に関する資料を発見し衝撃を受けた。 このような中、ジェヒがハンジュンに一目ぼれした予想外の過去まで描かれ、2人の予測できない因縁に好奇心がかき立てられた。

3話では、ハンジュンとジェヒの奇妙な対立が続いた。 再び「美男堂」の近くをうろついていたジェヒは、顧客として訪ねてきた後輩のグァンテ(チョン・ハジュン)を発見し、彼について強引にカフェに入った。 ジェヒはグァンテの占いをしているハンジュンに「あなたは男巫ではなくプロファイラーじゃないの!」と叫ぶと、3年前に証拠操作の疑いで収監されたハンジュンの前科をぶちまけて、一触即発の緊張感を与えた。

(2ページに続く)

2022.07.05

blank