俳優イ・スンギ、キム・ヨンハ作家から「”殺人者の記憶法2”書いたら主人公を演じて欲しい」とラブコール

作家のキム・ヨンハが、俳優イ・スンギに小説の主人公を提案した。

5日午後に放送されたSBSバラエティー番組「イ・スンギのチプサブイルチェ~師匠に弟子入り」は、ベストセラー作家キム・ヨンハと一緒に文章を上手に書くための五感を満たす時間を持った。

この日メンバーたちと一緒に刺身店を訪ね食事をしながらキム・ヨンハ作家は、「おいしかったら味を表現してみよう」と提案した。

これにキム・ドンヒョンは、「ナマコを食べたが、僕が食べて来たナマコとは少し違う。思ったより硬かった」とし、「海の前で食べて、身体に筋肉もうまく吸収されそうだ。新鮮な感じがした」と説明した。

(2ページに続く)

2022.06.06

blank