キム・スヒョン、屈辱的な刑務所生活の始まり…“濡れ衣”を着せられた主人公の心理を見事に体現「ある日」


※あらすじ・ネタバレになる内容が含まれています。

キム・スヒョンが刑務所で危機に陥る。

COUPANG PLAYシリーズ「ある日(邦題:ある日~真実のベール)」でキム・ヒョンス(キム・スヒョン扮)の屈辱的な刑務所生活を予告するビハインドが公開された。

2話でキム・ヒョンスは溢れかえった情況証拠とホン・グクファ(ファン・セオン)の家に入ろうとする姿を見たという証人まで登場したが、最後まで無罪を主張した。 しかし、実質的な審査を前に事件が記事化され、“有罪”というフレームがかけられたキム・ヒョンスは結局、刑務所に収監され、悲しさをもたらした。

これと関連してキム・ヒョンスの刑務所での様子が公開された。キム・ヒョンスがパク・ドゥシク(ヤン・ギョンウォン)らに囲まれて屈辱を受ける場面だ。刑務所で目覚めた初日、キム・ヒョンスは混乱した様子でどこかへ電話をかけるが、パク・ドゥシクに妨害され、電話を切られてしまう。それだけでなくキム・ヒョンスが胸倉をつかまれたまま顔に歯ブラシを突きつけられ、恐怖に包まれた。 果たしてキム・ヒョンスがいじめを受けることになった理由は何なのか関心が高まる。

その一方で、劇中の雰囲気とは全く違う撮影現場の様子も伝えられた。同ドラマを通じてヤン・ギョンウォンと再会したキム・スヒョンはカメラのオン・オフで完璧に切り替えて撮影現場を盛り上げた。 キム・スヒョンは撮影が始まる前にヤン・ギョンウォンと冗談を交わすなどケミを披露した。

制作陣は「キム・スヒョンは同作で不吉な刑務所内で最弱のキム・ヒョンスの姿を体現し、胸がつまるような場面を作り出した。日常から地獄へ落ちた主人公の心理が細かく描かれる3話を期待してほしい」と伝えた。

キム・ヒョンスが刑務所に入り、新しい人物と事件を迎える「ある日」の3話は、4日(土)0時(3日深夜12時)に公開される。

2021.12.03

blank