キム・スヒョン、視聴者を引き込む多彩な涙の演技「ある日」

※あらすじ・ネタバレになる内容が含まれています。

俳優キム・スヒョンが「ある日(邦題:ある日~真実のベール)」で繊細な涙の演技で劇を掌握した。
キム・スヒョンは、27日に初公開されたCOUPANG PLAYシリーズ「ある日」で、平凡な大学生が無念な容疑者になったキム・ヒョンス役を引き受けた。生き残るために地団太を踏む人物で、キム・スヒョンの凄まじい生存記が期待を集めている。


「ある日」の1話と2話では、キム・ヒョンスが殺人事件に巻き込まれて刑務所に入るようになる過程が描かれて胸を痛めた。彼が犯人だという情況と証拠があふれたが、キム・ヒョンスは最後まで無実を主張して見る人々を混乱させるなど好奇心を高めた。
キム・スヒョンは残酷に殺されたホン・グクファ(ファンセオン)を発見してそこから逃げ出すとき、パトカーに乗って再びそこに行くことになったとき、警察署で身体検査を受けるとき、事件の容疑者として緊急逮捕されるとき、無実を主張したが結局拘束が確定したとき、状況ごとにそれぞれ異なる繊細な涙の演技を見せて視聴者をぐいぐいと劇に引き込んだ。

(2ページに続く)

2021.11.28

blank