「ある日」監督、“キム・スヒョン、チャ・スンウォン、キム・ソンギュのキャスティングは夢みたい”

俳優キム・スヒョン、チャ・スンウォン、キム・ソンギュを一堂に集めたイ・ミョンウ監督がキャスティングのビハインドを明らかにした。
26日午後、 COUPANG PLAY初のシリーズ「ある日(邦題:ある日~真実のベール)」のオンライン制作発表会が開催された。
「ある日」は8部作のハードコア犯罪ドラマで、平凡な大学生が一晩にして殺人容疑者になったキム・ヒョンス(キム・スヒョン)と、真実には関心がない三流弁護士シン・ジュンハン(チャ・スンウォン)の激しい生存を描いた。 BBC「クリミナルジャスティス」が原作で、これを韓国の情緒に合わせてリメークした。


ドラマ「熱血司祭」で楽しさと作品性、そして人気まで独占したイ・ミョンウ監督がメガホンを握った。これに早くから華やかなキャスティングで話題を集めた。
この日、監督は「原作ドラマを見たとき、まず監督の立場としてはリメイクすることに対する恐れがある。原作が持っているとても良い流れを生かすと同時に、韓国的な情緒に合わせて変える作業が簡単ではない」と説明した。

(2ページに続く)

2021.11.27

blank