キム・スヒョン、ドラマ「ある日」でチャ・スンウォンと初共演…”とても愉快で素敵な方”

俳優キム・スヒョンが 「ある日(邦題:ある日~真実のベール)」でチャ・スンウォンと初共演した感想を伝えた。
29日午後、CINEPLAYのYouTubeチャンネルには「キム・スヒョンに握手の写真を見せた!自身の写真を見た本人の生の反応初公開」というタイトルの映像が掲載された。


この日キム・スヒョンは「Coupang Playシリーズ『ある日』でキム・ヒョンス役を引き受けた」とあいさつした。続いて「『ある日』には、それぞれの定義を持つ様々な人物が出てくる。私が引き受けたキム・ヒョンスという人物を中心にすべての定義が衝突することになる。ヒョンスが振り回されたり傷ついたりしながら成長していく作品だ」と紹介した。


チャ・スンウォンとのコンビについては「初めて会って一番最初に感じたのは『本当にカッコイイ』ということだった。カッコよさを演じるのではなく、実際にカッコよさが身についていた」として「先輩がとても愉快で現場の雰囲気もとても良かったし、たくさん学んだ」と敬意を示した。
上手に泣くコツについて「感情演技をする時は、最初から最後まで集中力を失わないよう努力する方だと思う」として「多くの方が涙の演技を喜んでくださりとても感謝して、熱心に泣くつもりだ」と感謝の思いを伝えた。

(2ページに続く)

2021.12.01

blank