2PMチャンソン、“除隊後の初演技、上手くやりたいという欲がある” 「ショーウィンドー:女王の家」

2PMのチャンソンが、今月29日初放送のチャンネルA新月火ドラマ「ショーウィンドー:女王の家」に出演する。「ショーウィンドー:女王の家」は、チャンソンが除隊後久しぶりにドラマ復帰する作品として注目されている。彼が「ショーウィンドー:女王の家」に臨む覚悟について尋ねてみた。

チャンソンは劇中ハン・ソンジュ(ソン・ユナ)の弟ハン・ジョンウォン役を演じる。ハン・ジョンウォンは裕福な家庭に育った温かい人格の持ち主だ。その一方で人知れず心の痛みも持っている。姉のハン・ソンジュとはその痛みまで分かち合う間柄だ。

ハン・ソンジュ役のソン・ユナは、チャンソンが「ショーウィンドー:女王の家」に出演を決心した理由でもある。チャンソンは「好きな監督や作家、ソン・ユナさん、イ・ソンジェさんらが出演されるので、“やらずにはいられない”と思った」とし、「ショーウィンドー:女王の家」を選択した理由を明らかにした。また「そして台本が本当に面白かった」と付け加え、ストーリーに対する期待感も高めた。

ことし6月、2PM活動で華麗な帰還を知らせたチャンソンが「ショーウィンドー:女王の家」で演技復帰に乗り出す。

これに関連しチャンソンは「除隊後初めての作品だけに上手くやりたいという欲がある。個人的な願いとしては、視聴者の皆さんが“チャンソン”ではなく“ハン・ジョンウォン”として記憶し愛してくださればと思う。キャラクターの影となり作品を上手く完成させられるよう努力する」と格別な覚悟を明らかにした。

チャンソンがハン・ジョンウォンとして記憶されるために最も神経を使っている点は何だろうか。彼はハン・ジョンウォンの最も特徴的な部分は「余裕」だとし、「ハン・ジョンウォンは特有の余裕が感じられる」と伝えた。

果たしてチャンソンがハン・ジョンウォンというキャラクターをどのように描くのか、さらに成熟した演技で戻ってくるチャンソンの新しい歩みが期待されている。

「ショーウィンドー:女王の家」は今月29日午後10時30分から初放送される。

2021.11.11

blank