故ソルリ(元f(X))さん、突然の別れからきょう(14日)で2年


ガールズグループ「f(X)」出身で女優ソルリ(本名:チェ・ジンリ/享年25)さんがこの世を旅立ってから2年が過ぎた。

ソルリさんは2019年10月14日、キョンギド(京畿道)城南(ソンナム)市寿井(スジョン)区にある自宅で遺体で発見された。当時、ソルリさんのマネジャーはソルリさんと連絡が取れなかったため、自宅を訪問。亡くなっているソルリさんを発見し通報した。

突然の悲報に芸能界は大きな悲しみに陥った。放送界では制作発表会などをキャンセルして追悼し、同僚芸能人らもSNSやインタビューを通じて悲痛な気持ちを伝えた。

ソルリさんがこの世を旅立ってから2年が過ぎたが、ファンは依然として彼女のことを懐かしんでいる。各国のソルリさんのファンは彼女のSNSを見て、恋しさを募らせている。

2005年、SBSドラマ「薯童謠(ソドンヨ)」でデビューした子役出身のソルリさんは2009年にビクトリア、エンバ、ルナ、クリスタルとともにガールズグループ「f(X)」としてデビューして大きな愛を受けた。その後、SBSドラマ「花ざかりの君たちへ」や映画「パイレーツ」、「ファッションキング」に出演し、ガールズグループ、女優活動を並行した。2015年8月にグループを脱退し、女優へ転向した後は映画「リアル」などの作品に出演した。

WOW!Korea提供

2021.10.14

blank