≪韓国ドラマOST≫「30だけど17です」、ベスト名曲 「Just Stay」=歌詞・解説・アイドル歌手 (動画あり)


<「30だけど17です」OST、今日の1曲>

今回から「30だけど17です」のOST紹介をお届けする。本ドラマでは、「黄金の私の人生」や「哲仁王后」のシン・ヘソンと、「浪漫ドクター キム・サブ」や「愛の温度」で知名度を上げた若手俳優ヤン・セジョンがタッグを組んだ。
主人公の17歳の少女がある日バス事故に遭い意識を失う。そして目を覚ますと、13年の時が流れていたところからストーリーが始まる。記憶の中にいる1人の少年との物語が謎を解いていく。

今日の1曲はヒョリン(元Sistar)が歌う「Just Stay」。この曲は高校時代の2人の気持ちが歌詞に表現された切なくピュアなラブソング。

<歌詞の解説>

「あなたを見つめる 私の気持ちを知っていますか 毎日待っている 私の一日を知っていますか ガラスの上を歩いているみたい あなたが遠ざかりそうで」歌詞の最初では、相手は自分を知らない様子や密かに方もいをしていたことが読み取れる。

※サビ「ただあなたは Stay with me 私のそばに Stay with me 私を愛さなくてもいいから あの日のように つらくてもいい Just stay stay with me Just stay stay with me」サビでは大人になってからの気持ちが表現されている。

「壊れそうな一日に あなたが遠ざかりそうで」不安定な一日の切ない気持ちが伝わってくる。

※サビのリピート

「ときには耐えられなくて 眠ってしまう どうして目を閉じても あなたが見えるの」ここではメロディーが変わり、曲がぐっと盛り上がっていく。

「Just stay stay with me 私のそばに Stay with me 私を愛さなくてもいいから あの日のように つらくてもいい Just stay stay with me Just stay stay with me Stay with me」ヒョリンのハスキーな高音が印象的で、曲とピッタリ合っている。

歌手ヒョリン(本名:キム・ヒョジョン)は、1990年生まれ。2010年に4人組ガールズグループ「Sistar」のメンバーとしてデビュー。リーダーを務めた。2017年にグループ解散後にはソロ歌手として活躍している。グループ時代からソロ曲をだしていたこともあり、OSTにも参加。
本ドラマのOSTを担当し大ヒットしたことで、OST歌手としての地位が確立したともいえる。また、「花郎(ファラン)」、「主君の太陽」や「黒騎士~永遠の約束~」、「むやみに切なく」などのOSTにも参加した。ハスキーでセクシーさのある声で歌うバラードに定評がある。

<ネットユーザーの反応>

「やっぱりヒョリンの曲はいい」
「曲がドラマにピッタリだった」
「シン・ヘソンがピュアな役で曲と合う」
「このドラマでヤン・セジョンが好きになった」
「ヒョリンの歌声は感動する」

「30だけど17です」ではシン・ヘソンとヤン・セジョンの共演で大きな話題を呼び、OSTも大人気となった。

WOW!Korea提供

2021.09.27

blank