「個別インタビュー」ソル・ギョング×イム・シワン共演「名もなき野良犬の輪舞」ビョン・ソンヒョン監督、「この作品のファンは90%以上が女性」その理由とは?

2018.05.03

Q.本作は「新しいフィルムノワール」と言われ、ソル・ギョングさんは「スタイリッシュで磨き抜かれた映画」、イム・シワンさんは「面白く若々しくスタイリッシュな映画」と表現されていますが、どんな映画でしょうか?
「スタイリッシュなノワール」と言えると思います。その中に、ロマンスが隠れていて、男性2人のブロマンスを超えたコードを盛り込んでいます。そして、ドライでクールなエンディングにしました。

Q.そういうブロマンスを超えた関係ということで、ジェホがヒョンスを「チャギヤ(ハニー、ダーリンの意味で、恋人同士の呼び名)」と呼ぶ場面があるんですね。
ハイ。これまで韓国映画で、男性主人公2人のブロマンスを描いた作品は多かったんですが、それをもう少し発展させようと思い、この作品を作りました。ジェホが「チャギヤ」とふざけた感じで言うんですが、それ以外にも、2人の関係性を匂わせる要素が所々にあって、セクシュアルな表現ではないんですが、見る人が「あの2人の関係はいったい何?」って思うような面白さがあると思います。

Q.そして、ノワール物にしては主役2人の罵詈雑言が少なく、言葉遣いがキレイだと感じますが。
そうです。わざと汚い言葉はなくしました。いままでソル・ギョングさんは、マッチョなキャラクターなどが多かったんですが、今回はジェホを話し方も優しくて、スイートで紳士的な男性として表現しました。

(3ページに続く)

「イベントレポ」第70回カンヌ映画祭特別招待作品『名もなき野良犬の輪舞(ロンド)』 名優ソル・ギョング×若手注目株イム・シワン共演の話題作「ハゲタカ」の真山仁が大絶賛! 「最後まで騙されない人はいない、万華鏡のような映画」

・<DATV>初放送!ドラマ「王は愛する」イム・シワン主演の大ヒット作! 高麗時代を舞台に三人の男女の切ない愛と固い絆で結ばれた友情を描くラブロマンス時代劇

・<トレンドブログ>軍服務中にある俳優イム・シワンが博物館の“docent”として登場!?

・イム・シワン、平昌(ピョンチャン)オリンピックでいっそう凛々しくなった姿を公開