「取材レポ」MYNAMEインス、「NAKED」リリイベ初日から大盛況!「ソロアルバムのリリースは自分が1番待っていました!」 

2017.09.06

MYNAMEのインスが9月5日(火)、東京・タワーレコード渋谷店にて、初のソロ・ミニアルバム「NAKED」(9月6日発売)のリリースイベント初日を迎えた。
平日にもかかわらず、会場に詰め掛けたMYgirl(MYNAMEのファン)は400人! 熱気であふれ返る中、司会の星野卓也から、インスが腰を痛めてしまい、本来のパフォーマンスはできないが、中止にだけは絶対にしたくないという本人たっての希望で、ファンのために登場する、というアナウンスがあり、一瞬騒然となったが、その心意気に対し、いつも以上に大きな歓声、拍手で迎えられたインス。


「NAKED」のリード曲「NAKED LOVE」ではなく、急遽収録曲「You Don’t Know Me」に変更となったが、持ち前の“インスマイル”で、ダンサーと共に盛り上げた。

「皆さん、こんにちは。ゴメンね」と開口一番、ファンに謝罪したインスは「痛いけどね。自分が1番悔しいですよ。すごい準備したのに…」とため息をつき、「ミアネヨ(ごめんなさい)」とまた謝ると、客席からは「ケンチャナヨ!(大丈夫だよ)」と温かい励ましの声が。


インスは「たぶん、体が緊張しすぎたのかな」と腰を痛めた原因について触れ、「本当は『NAKED LOVE』を準備していたのに。みんなもすごく見たかったでしょ? 1番自分が悔しい。本当にゴメンなさい。申し訳ない」と何度も申し訳なさそうに謝り、そのたびに、ファンは「大丈夫だよ!」「インスマイル!」と声援を送ることでインスを後押しした。

(2ページにつづく)