ナムグン・ミン「黒い太陽」&2PMジュノ「袖の赤い裾口」など、 強力なMBCドラマのラインナップ完成

今年で創立60周年を迎えたMBCが新設した金土ドラマの大作が17日、「黒い太陽」を皮切りに本格的に幕を上げる。
MBCが金土ドラマを披露するのは今回が初めてで、週末の実質的な開始時間帯である金曜日の夜10時と土曜日の夜10時の週2回、レベルの高い大作ドラマで視聴者を訪ねる。


MBCの新しい金土ドラマは、人気バラエティ番組「私は一人で暮らす」「全知的おせっかい視点」などと共に週末最高の「黄金視聴ライン」を形成すると期待されている。
17日に初放送される「黒い太陽」は、今年下半期最高の期待作として挙げられている。
俳優ナムグン・ミン主演のブロックバスター級アクション大作で、MBCと韓国最大のOTTプラットフォームであるWavve(ウェーブ)が共同投資した。

「黒い太陽」は、行方不明になった国家情報院の最高要員が自身を地獄に落とし入れた内部の裏切り者を見つけるために、組織に復帰して起こるエピソードを描いた。国家情報院の最高要員であるハン・ジヒョク役には俳優ナム・グンミンが、ハン・ジヒョクの国家情報院同期で、秘密を抱いた犯罪統合センター長ソ・スヨン役には俳優パク・ハソンが出演する。国家情報院のエリートであり、ハン・ジヒョクのパートナーユ・ジェイ役のキム・ジウンをはじめ、キム・ビョンギ、イ・ギョンヨン、チャン・ヨンナム、ユ・オソンなど名前だけでも存在感を与える俳優たちが出演して韓国型ブロックバスター級アクション物に対する期待を高めている。

(2ページに続く)

2021.09.13

blank