“BTS兵役特例”検討議論できず11月に延期


韓国の兵役関連の芸術・体育要員編入対象に、大衆文化芸術家も含めようという兵役法の一部改正案の検討議論が延期された。

ユン・サンヒョン国民の力議員など16人が、6月25日に発議した兵役法一部改正案は、9日の国防委員会小委員会会議で議論される予定だった。 事実上、BTS(防弾少年団)の兵役恩恵の有無に対する初めての審査がなされる場だったので関心を集めたが、他の懸案に対する会議が長くなって11月の会議へと延期された。

1973年に制定された文化体育分野兵役特例制は、時期別国民感情を考慮するなど、持続的な公平性論争が行われてきた。

クラシック音楽、舞踊などはユネスコ傘下の芸術団体加入内容やコンクール入賞の有無により変わった。

国防委員会側は、BTSの特例の場合、公信力と代表性がある指標がなく、客観的な編入基準設定が難しいという立場を出したことがある。

歌手、俳優、B-Boyなど、新しい分野の拡大要求の可能性が大きくて、個人営利活動と直結するだけでなく大衆の人気に迎合する傾向があるので多少適していない側面があるという否定的な意見も出した。

ただし今回の兵役法一部改正案が今後通過しても、BTSのメンバーが恩恵を受けれない可能性が大きい。 メンバーたちの軍入隊が、もうあまり猶予がない現時点で、改正案施行までには多少時間がかかるという点からだ。 メンバーたちも国防は当然の義務だと、軍入隊を示唆してきた。

2021.09.11

blank