「MONSTA X」I.M、「アイドルになることはトラウマだった」告白


グループ「MONSTA X」のメンバーI.Mが本音を伝えた。

30日午後、YouTubeの音楽チャンネルBaverse Studioで「Welcome To My Baverse」I.M編のティーザー映像が公開された。

公開された映像の中でI.Mは「アイドルになること自体、僕にはトラウマだった」と話を切り出し、「常にする考えは、僕がこれをいつまでできるか、僕は時間が経っても価値がある人なのか」という将来の悩みを話した。

特にI.Mは「成功については大きくもがいたと思うが、必死に幸せになろうとしてはなかったと思う。幸せになろうと努力するのも大変だと思う」と、彼が考える「幸福」という価値についても説明し、公開を控えた本編への興味を高めた

I.Mの話を聞くことができる「Welcome To My Baverse」は、深い内面の真の「自分」との出会いに集中するプレミアムライフスタイルブランドBaverseが披露するコンテンツだ。 「ミュージシャン・ブレイン・ディギング・ドキュメンタリーシリーズ」というコンセプトの下、ミュージシャンの隠された内面を探索し、その世界観を視覚的に復元しようとする。

「Welcome To My Baverse」を通じてI.Mは、率直な内面の話はもちろん、彼が持つ悩みと作り続けてきたアーティストI.Mという人間の一風変わった姿まで見せてくれる計画だ。

I.Mが参加した「Welcome To My Baverse」は、9月1日にBaverse Studioを通じて公開される。

WOW!Korea提供

2021.09.01

blank