「バラコラ」俳優チャ・テヒョン、「屋根部屋の問題児たち」で華麗なる交遊録披露!親友キム・ジョングクに電話チャンスを使った結果は?


俳優チャ・テヒョンが8月3日(火)に放送された「クイズバラエティ~屋根部屋の問題児たち」(KBS第2)第140話にゲスト出演した。

チャ・テヒョンは“国民俳優”、“国民パパ”、“国民夫”など“国民”タイトルを最も保有する好感度俳優なだけあって、この日の視聴率は5.3%(ニールセンコリア調べ)を記録。通常、同番組の視聴率は2~4%台であり、前回の第139話は3.3%だったので2ポイントもアップしたことになり、今年1月5日(火)放送の第111話の6.1%に次ぐ好記録だ。

今回のゲスト出演でも、華麗なる交遊録やパニック障害のことなどぶっちゃけトークを展開し、チャ・テヒョンの人柄の良さがよく出ていた。

そもそも今回の出演は、レギュラーメンバーのチョン・ヒョンドンが直接オファーをしたそうだが、実はその前に制作陣からオファーをもらっていたというチャ・テヒョン。チョン・ヒョンドンが昨年11月、不安障害で活動を中断していたとき、代役を打診されたそうだが、当時スケジュールの関係で断ったので、申し訳ない気持ちが心に残っていたのと、ちょうど出演するドラマ「警察授業」(8月9日スタート)の番宣をしたいのも重なっていたという。

KBSドラマなので、どのバラエティに出ようか考えた結果、古巣の「1泊2日」だとお互い微妙な感じになるだろうし、「スーパーマンが帰ってきた」に出るには子どもたちが大きくなってしまったし、「社長の耳はロバの耳」は自分が社長でもないし、他は音楽番組だから、この「屋根部屋の問題児たち」を選んだと冗談交じりに明かしていた。だから、チョン・ヒョンドンからメールをもらわなくても来るつもりだったとし、目的である「警察授業」の番宣もしっかりやっていた。

チャ・テヒョンとチョン・ヒョンドンには、それぞれパニック障害、不安障害という共通項があり、お互いつらさを共有しているということだけでも慰労になるようだ。特に、チョン・ヒョンドンは、チャ・テヒョンが「死にそうでしょ?でも不思議と死なないんだよ」と言った言葉が忘れられないとし、自宅に届けてくれたパニック障害の本を読んで号泣し、それに助けられたと感謝していた。

チャ・テヒョンも自身のパニック障害の体験を語り、一度米国で公演前に倒れたとき、キム・ドンワン(SHINHWA)がスーパーマンのように現れて、手指鍼をしてくれたことも明かしていたが、包み隠さず、明るく笑いを交えて語っていたのがチャ・テヒョンらしかった。

“国民〇〇”と呼ばれることが多く、重荷に感じるとし、それは良いところだけ切り取られているからだと謙遜していたが、奥さんや子供たちのことも嬉しそうに話し、人の良さがにじみ出ているのは、誰の目にも明らかだろう。

(2ページに続く)

2021.08.05

blank