「ミストロット2」出演歌手チャン・ハオン側から性売買の提案を暴露した男性、次は録音内容を公開


韓国トロット歌手チャン・ハオンの性売買提案疑惑を暴露した男性A氏が、新たに録音物の内容を公開した。

A氏はオンラインコミュニティに「今から録音物を公開する。チャン・ハオンの事務所社長が金銭はもちろん、株式担保ローンまで要求した。性売買を認める録音物が計5つある。これはそのうちの1つだ」と女性との電話での会話を公開した。

公開された会話でA氏は「君が傷つくかと思って心配したが、正直に言う。君に会ったりご飯でも食べたりしようとすると、金の話が前提にならなきゃいけないから、ちょっとうんざりだ」と言った。

女性は「社長がこうして助けてほしいって言うのが嫌なら、私がやめるように言う。社長を助けることが、私を助けることなの。金を貸してほしいと言うのは切羽詰まっているからだ。それが嫌でうんざりするなら、やめてって言う」と答えた。

その後続く録音物の内容には、別の男性が性売買を提案するような内容が含まれている。

A氏は「兄さんが3000万ウォン(約300万円)出してチャン・ハオンと一緒に行けって言っただろ」と言うと、男性は「どうしてそんなことを言ったのか分からない。何か間違ったんだ」と答えた。

A氏は会話に登場する女性がチャン・ハオンで、男性がチャン・ハオンの所属事務所の社長だと主張した。

A氏は、これを公開する前に有名オーディション番組の出演者で、インターネット放送BJ(ブロードキャスティングジョッキー)のチャン・ハオンの所属事務所代表から3000万ウォンを対価に性売買を提案されたと暴露した。A氏はチャン・ハオンの所属事務所社長を相手に性売買あっせんと詐欺未遂容疑で警察に捜査依頼をすると明らかにした。

しかし、チャン・ハオンはネットユーザーに「3000万ウォンって事実?」と聞かれ、「嘘だ」と答えて疑惑を否定していた。

WOW!Korea提供

2021.07.30

blank