BTS(防弾少年団)、外信が集中して報道 "BTSの1位をだれも止められない”

BTS(防弾少年団)が、アメリカの大衆音楽史に大きな道しるべを残したことについて、海外メディアも注目した。
BTSは、ビルボードの最新チャート(7月24日付け)で新曲「Permission to Dance」でメインシングルチャートの「ホット100」の1位を獲得した。チャートランクインと同時に1位に直行する、いわゆる「ホットショットデビュー」を成し遂げたのだ。特にBTSは、直前のチャートまでデジタルシングル「Butter」が7週連続で「ホット100」のトップを守っていたが、新曲で再びトップを獲得して1位のトンタッチに成功した。


ビルボードは「ホット100」1位の独自のバトンタッチは、2018年7月のドレイク(Drake)以来3年ぶりの記録だと述べた。BTSの前に「ホット100」の1位を独自的にバトンタッチした歌手はドレイクを含めてジャスティン・ビーバー(Justin Bieber)、ザ・ウィークエンド(The Weeknd)、テイラー・スウィフト(Taylor Swift)、ブラック・アイド・ピーズ(The Black Eyed Peas)、ビートルズ(The Beatles)など13人/チームに過ぎなかった。

(2ページに続く)

2021.07.23

blank