チソン×ジニョン(GOT7)、新ドラマ「悪魔判事」豪華キャストの熱演に思わず鳥肌…初回から波乱の展開を予告(動画あり)

新ドラマ「悪魔判事」が初放送から暴風吹き荒れる展開を予告した。

来る7月3日に初放送を控えているtvN新土日ドラマ「悪魔判事」は、仮想のディストピアの大韓民国を背景に、全国民が参加するライブ法廷ショーを通じて正義に対するメッセージを伝えるドラマだ。

ディストピア世界に登場した悪魔判事カン・ヨハン(チソン扮)とその世界を支配する主宰者チョン・ソナ(キム・ミンジョン扮)そして、唯一の希望キム・ガオン(ジニョン扮)、カン・ヨハンを暴くユン・スヒョン(パク・ギュヨン扮)まで、多様なキャラクターが次第に公開され、多くの関心が続いている。このような中、公開された予告映像は1話に対する好奇心と期待指数を大幅に上昇させた。

映像で、カン・ヨハンは「悲しいが現実に正義なんてものはない。不公正なゲームがあるだけだ」とし、悲観的な言葉でディストピア世界を説明している。 “司法改革が始まる”という強い叫びと共に、カン・ヨハンの演説が始まり、状況はさらに緊張感が増す。

さらに、「私は弱者、強者なんかに関心はない。誰が国民の上にいるのですか」という言葉と同時に世界を牛耳る権力層らの面々が映し出される。 そして最後に「国事をしているのは果たして誰でしょうか」と意味深長な言葉を低めに放つチョン・ソナの姿が盛り込まれており、権力層の間で密かに繰り広げられる対立状況も垣間見ることができる。ライブ法廷ショーの隠れた意図があるのか、カン・ヨハンはどんな考えを抱いているのか好奇心を刺激する。

チソン、キム・ミンジョン、ジニョン、パク・ギュヨンなどキャラクターに完璧に入り込んだ俳優たちの熱演によって初放送をさらに待ち遠しくさせる。

ドラマ「悪魔判事」は7月3日土曜日午後9時に初放送される。

2021.06.25

blank