【全文】「iKON」出身B.I側、「性急な行動をお詫びする…過ちは繰り返しません」…麻薬購入容疑起訴中の活動強行へ立場表明


「少々性急かもしれない行動について、支持や応援を送ってくださったファンの皆さんにご心配をおかけした点について本当に申し訳ございません」

ボーイズグループ「iKON」出身のB.Iが麻薬類購入容疑で起訴された中、最終判決前に活動を強行した点について所属事務所側が直々に謝罪した。

所属事務所のIOKカンパニー側は8日、公式ホームページを通じて「当社アーティストに対する起訴内容は、2019年から継続していた容疑である麻薬類購入に関する内容」と伝えた。

B.Iは麻薬類管理に関する法律違反(向精)などの容疑で、最近裁判に持ち越された。初公判は来月9日。

以下、B.Iの所属事務所の公式立場

こんにちは。IOKカンパニーです。

当社所属アーティストB.Iの起訴について関連する立場をお伝えいたします。

当社アーティストに対する起訴内容は、2019年から継続していた容疑である麻薬類購入に関する内容です。

B.Iは2020年に法律的な手続きに基づき容疑について計9回にわたる強度の高い調査や薬物反応検査を終えた状況であり、最終判決に関する内容を引き続き待機している状況でした。

B.Iは事件以後、当社と持続的に今後の方向性について悩んできました。

当社やアーティストは過去のあやまちを認め、すでに起こったことを元に戻すことができませんが、これから残りの人生において、より正しい社会人として、また世の中に役立つ方向について悩みました。

ただ復帰や自粛の姿のための行為ではない、アーティストが従来持っていた影響力が、少しでも社会に役立つ動きにつながることを希望しました。

そのような気持ちで寄付アルバム「Midnight Blue」を発売し、音楽が思ったより社会に大きな動きや役に立つことができるということを自ら感じることができました。そのような気持ちでもう少し音楽的に、今まで準備してきたことをお見せしたい気持ちで、最近新譜まで発売することになった状況でした。

アーティストの良くない話題の中、最近新譜を発売することになり、今の状況をお見せした部分に謝罪の言葉を申し上げます。

また、我々の少々性急かもしれない行動について、支持や応援を送ってくださったファンの皆さんにご心配をおかけした点について本当に申し訳ございません。

現在、アーティストは容疑について終結の時点を待っています。

当社はその時点がいつであれ、過去を反省し過ちを繰り返さないという誠実な謝罪の気持ちや態度を持ったまま、成熟した正しい社会構成員として生きていくことができるよう、アーティストとともに歩んでまいります。

ありがとうございます。

IOKカンパニーより。

WOW!Korea提供

2021.06.08

blank