「BTS」が生み出した新造語「ボラヘ(紫しよう)」を商標登録申請した企業側が「謝罪」=申請は取り消し

グローバルボーイズグループ「BTS(防弾少年団)」の新造語「ボラヘ(BORAHAE/紫しよう)」を商標登録申請したネイルブランドLALALEESがこれを取り消した。

「ボラヘ」は2016年に、V(BTS)がファンが掲げる紫色の応援棒を見て生み出した言葉だ。「虹の最後の色が紫のように、最後まで信じて愛し合おう」という意味が込められている。海外ファンの間でも「I purple U」という風に使われるようになった。

31日午前、LALALEESは公式Instagramを通して、「2020年9月、弊社が出願した『ボラヘ』の商標権出願で、BTSを愛するファンの方々にご心配をおかけしたことを深く謝罪する」と伝え、「弊社はK-POPの発展のため、『ボラヘ』の出願を放棄することを決定した」と明らかにした。

 LALALEESはまた、「今後も韓国人として、K-POPの発展のため、BTSの世界でのご健勝をお祈りする」と付け加えた。

これを前に去る29日、「BTS」を象徴する単語「ボラヘ」がLALALEESにより商標登録申請がされていたことが伝えられた。するとARMY(BTSのファン)は、該当企業のホームページに登録の取り消しを要求。さらに、特許庁にも直接、「ボラヘ」の出願停止申請を提起するファンもいた。

2021.05.31

blank