「ATEEZ」YUN HO、ドラマ「イミテーション」で初放送から注目


グループ「ATEEZ」のYUN HOが純情なユジンへと変身した。

7日に韓国で初放送されたKBS2のドラマ「イミテーション」でYUN HOは、アイドルになる夢を持つ外柔内剛型の練習生ユジンとして初登場した。

この日の放送でユジン(YUN HO)は、「ミュージックホリック」のデビュー組発表を前に同僚であるマハ(ジョン・ジソ)が緊張すると「誰よりも頑張ってきたじゃないか、心配するな」と不安を拭ってあげた。しかし結局会社から退社通告を受け家へと向かうマハが心配になり、こっそり付いて行き後にその行動が明らかになるとユジンは、「いつでも電話して。一人で抱え込まずに」と淡々とした眼差しで慰めを伝えた。

それだけでなくユジンは本人もまた遅い時間まで練習中であるにも関わらず、マハのスケジュールが終わる時間に合わせ電話をし、地方撮影に向ったという知らせに「終わった? 今ソウルに向かってるところ? 忙しいね、疲れたでしょう。ご飯ちゃんと食べて」と心からの心配で和やかさを加えた。

このようにユジンは、柔らかい外見の後ろに隠された粘り強い一面以外にも、マハがつらく寂しい時にいつもそばで見守ってくれる力強い存在として、視聴者たちの視線を捕らえ、初放送から「サブ病」の誘発者としての活躍を予告した。

「ATEEZ」のYUN HOが出演するドラマ「イミテーション」は、韓国で毎週金曜日夜11時20分から放送される。

WOW!Korea提供

2021.05.08

blank