「オフィシャルインタビュー」ナムグン・ミン、 "ソンジュンさんは男から見てもカッコイイ男、キム・ソヨンさんは気立ての良い美人!"

사본 -Korepo様114 (683x1024)(C)CJ E&M Corporation, all rights reserved

 

「抱きしめたい~ロマンスが必要~」DVD ナムグン・ミン インタビュー

ナムグン・ミン、共演者をベタ褒め!
ソンジュンさんは男から見てもカッコイイ男、キム・ソヨンさんは気立ての良い美人!

 

1.初めてシナリオを読んだ感想は?

もともと「ロマンスが必要」シリーズが大好きで、関心を持っていました。シナリオ作家のチョン・ヒョンジョンさんのセリフのスタイルが気に入っていたんです。甘美なセリフの中に、人の心を動かす部分が多いので。それで、監督にお会いした時、カン・テユン役をぜひやりたいとお話しました。快く「よし、やってくれ」と言われて、とてもうれしかったですね。

 

2.カン・テユンというキャラクターを簡単に紹介してください。

仕事についてはクールな完璧主義者ですね。過去に、彼女と別れたつらい記憶を持っています。ジュヨン(キム・ソヨン)の上司なんですが、一方ではお兄さんように温かい存在でもあるんです。仕事をするときは怖くて冷たいけど、プライベートで会うと優しく慰めてくれる、そんなキャラクターです。

 

3.そんなカン・テユンの魅力は?

仕事とプライベートを徹底的に分離できるところかな。クールな時は、本当に冷静でクールだけど、温かい人間的な部分、温かく誠実に感じられる部分があるのが、この人の魅力ではないでしょうか。

 

4.カン・テユンとナムグン・ミン、似ている部分と違う部分は?

女心を揺さぶるんだけど、自分ではそれに気づかない、カン・テユンにはそういうところがありますね。女泣かせの悪い男のスタイルといいますか……。でも、私には全然そういう部分はありません。似ているところは、クールな部分と温かい部分の両方を持っているところかな。

 

5.カン・テユンを演じるうえで、気をつけたポイントは?

よく、そのような質問を受けますが、確かに医者のような特別な職業を演じる時には、特別な準備も必要でしょう。しかし今回は、カン・テユンを演じるに当たって、特に準備というものはしていませんね。ただ、彼のキャラクターをよく理解して、無意識のうちに彼の本能的な部分を演技できるよう努力しました。あえてポイントがあるとすれば、心の中に感情が渦巻いても、それを外に表すキャラクターではないため、表現を大げさにせず、気持ちを繊細に表現しようとした点でしょうか。

 

6.キム・ソヨンさんやソンジュンさんの第一印象は? 一緒に演技をしてみて、印象が変わったところはありますか?

みなさん、第一印象も良かったですよ。キム・ソヨンさんの場合は、私がこれまで会った人の中で一番、外見の印象と実際の人柄が違う人でした。こういうと、良くないように聞こえるかもしれませんが、そうじゃないんです。外見はとても優雅で、少し話しかけづらく見えますが、実際に会って話をしてみると、とても優しくて気立てがよくて。こんなに美しい人が、こんなに気さくでよいのかと思うほどです。本当に優しい方でした。
そしてソンジュンさんは、モデル出身だけあって、背も高くすらりとしてカッコいいですね。性格もよくて演技力も自然でした。私たち「ロピル(ロマンスが必要)」のメンバーたちは、みんないい人なんです(笑)。撮影中もまるでカフェで友達とおしゃべりをしているように、仲良く撮影が進みました。

 

7.愛を告白するセリフは、典型的な恋愛ドラマのセリフでしたが、どう思われました?

お茶を飲みながら、あなたはとてもきれいだ、愛らしい……と話す場面ですね。多くの方が喜んでくれたようです。男性から見れば恥ずかしくなるようなセリフですが、女性の方には好評だったようです。

 

8.もし実際に三角関係になったとしたら、ナムグン・ミンさんはどんなスタイルを取りますか?

2人の男性が1人の女性をめぐって争う三角関係なら、その男性が誰かによって変わるでしょうね。もし深い友情で結ばれた親友なら、私が譲歩することもあるでしょう。もし仕事上の付き合いの男性だったりすれば、どこまでも争うと思いますよ。私をめぐって2人の女性が争っている場合は、私の方から、どちらの女性が好きだと意思表示をして、交通整理をすると思います。そうすれば、問題は解決ですよね(笑)。

 

사본 -Korepo様008 (683x1024)(C)CJ E&M Corporation, all rights reserved

9.キム・ソヨンさんとの濃厚なきキスシーンも話題でしたが、ご自分では満足されましたか?

ええ、断言します(笑)。監督は練習をしてみろとおっしゃったんですが、自分がキスをするところを、鏡に映して見たことなんてないですからね。それでも、お互いの心が伝わるような、自然なキスシーンにできたと思います。不自然なことも、自然に見えるようにするのが仕事ですから。今までやったキスシーンの中で、一番の出来だと思います。

 

10.キスシーン以外で、気に入っているシーンやセリフがあれば。

ジュヨンが私のことを好きになり私の家に来るのですが、そこで私が冷たく拒絶するシーンがあります。女性から見れば、ああ、ひどい男だと思うような場面です。普通、そういう場面では、あまりにひどい男に見えるのでは……と私も悩むところですが、このドラマではそんな感情を排して、わざと冷たく演技をしました。私はそのシーンが一番記憶に残っています。

 

11.ジュヨン、ジウォン、ミンジョン、ヒジェそれぞれ違う魅力を持っていますが、ナムグン・ミンさんが理想のタイプだと思う女性キャラクターは?

ジュヨンですね。ジュヨンは本当に心が優しい子です。私ももう、理想のタイプを外見だけで判断する年ではありません。ジュヨンは優しくて、愛する人に配慮するキャラクターです。そんな心のきれいなジュヨンが理想のタイプですね。

 

12.撮影中、バレンタインに日本のファンからコーヒーやお菓子が贈られたそうですが。

その当時、日本のファンの皆さんが何度も訪ねて来てくれました。寒い中、苦労して撮影していた監督やスタッフも、本当に喜んでいました。その時は、きちんとお礼ができなかったので、この機会にお礼を申し上げます。とても寒い日に、心まで暖かく溶かしてくれるコーヒーをいただいて、とても楽しく撮影ができました。本当にありがとうございます。

 

13.「抱きしめたい~ロマンスが必要~」がオンエアされて、家族や友人など周囲の反応は?

男性の方たちはよく分かりませんが、女性の方は喜んでくれました。私はこんな気恥ずかしいキャラクターを演じるのは、実は苦手なんです。今、もう一度見てくれと言うのは、恥ずかしい気もしますが、見てくださいね。

 

14.初めて本格的なバラエティーに出演したのが「私たち結婚しました」ですが、これからもバラエティー番組に誘われたら、出演するつもりは?

いやぁ…(手をしきりにしきりに振りながら)…。「私たち結婚しました」という番組はリアルバラエティーをうたっていますよね。お互い自然な感じで演じられる番組でしたから、私にもできた気がします。これがもし、座ってトークをするような形だったら、私はうまく話せませんよ。私は今のこの番組に満足しています(笑)。

 

15.ハードなスケジュールの中、ナムグン・ミンさんだけの体力管理は?

健康にいい料理をたくさん食べることですね。高麗人参、梨の果汁、プロポリス、スクアレン、健康ビタミンなどを必ず摂取するように努力しています。できれば塩分を控えて、体に良くない食べ物は避けるようにしていますね。そして何よりも、ぐっすりと寝るのが重要だというので、睡眠時間を十分にとることですね。

 

16.このドラマの見どころと、日本のファンにメッセージを

皆さんこんにちは。「抱きしめたい~ロマンスが必要~」で、カン・テユン役を演じたナムグン・ミンです。このドラマは、私の15年の演技キャリアの中で、最も甘く最も切ないメロドラマとなりました。恋愛をしている方なら共感いただけるでしょう。少々キザで、甘い魅力のあるカン・テユンのキャラクターを楽しんでください。「抱きしめたい~ロマンスが必要~」、たくさん愛してくださいね。どうかよろしくお願いします。

 

사본 -GNBF-3284 ©CJ E&M CORPORATION, all rights reserved.

 

「私に嘘をついてみて」ソンジュン×「検事プリンセス」キム・ソヨン

大ヒットドラマ「ロマンスが必要」の最強スタッフが贈るーー働く女性の揺れ動くハートに、シンクロ率100%!最高のリアル・ロマンティック・ラブコメディ!トキメキを忘れた頃、再びドキドキが始まった。

 

★“若手イケメンNo.1”ソンジュン&“人気実力派No.1”キム・ソヨン、初共演で贈る最新ラブコメディ!
「美男<イケメン>バンド 〜君に届けるピュアビート」「九家の書 〜千年に一度の恋〜」で日本でも人気上昇中のイケメン俳優ソンジュンが、理想の年下男子を好演!本作の後、同じチョン・ヒョンジョン脚本家による最新作「恋愛の発見(原題)」でもさらなるブレイク!そして、コメディからシリアスまで何でもこなす実力派女優キム・ソヨンが、「検事プリンセス」以来のラブコメ・ヒロインを好演! 初共演とは思えない2人のケミストリーが、極上のドラマを生み出した!

 

★「ロマンスが必要」の最強スタッフ再結集!前2 作超えの最高視聴率を獲得!

30 代女性の仕事と恋をきわどいシーンも交えて描き、 “ロピル”シンドロームを巻き起こした「ロマンスが必要」「ロマンスが必要2」。そのスタッフが三たび結集して贈る本作。今回は、テレビショッピング会社を背景にさまざまな年代の人々の恋と仕事のリアルな姿にスポットを当て、「1」「2」を超えて最高の視聴率を達成!

 

★素直な心を忘れてしまった30 代女性&極上のヨナナム(年下男)が紡ぐロマンスに、共感の声続々!
度重なる恋の失敗から傷ついた心を刺々しいまでにガードし、“甲殻類”とまで呼ばれているヒロイン。そんな彼女を温かく包み込むのは、彼女の悩みを聞いてやり、食事も作れば寝るときも傍にいる、究極の癒し系ヨナナム。だが、ヒロインが秘かに憧れているのは、同じ職場の上司だった…。優しい男に素直になれないヒロインの姿や本音モードで描かれる恋愛やSEX、仕事場での人間関係からは、現代人が参考にしたい生き方のヒントがいっぱい!

 

★人気実力派ナムグン・ミン、ユチョンの弟のパク・ユファンなど若手から実力派まで、多彩な俳優陣がゴージャスに結集!
チュ・サンウク、アレックス、「ロマンスが必要2」のキム・ジソクなど、カメオにも注目!
ヒロインに想いを寄せるもう1人の男性を演じるのは、「私の心が聞こえる?」「清潭洞<チョンダムドン>アリス」などの人気実力派ナムグン・ミン。その他、ユチョンの弟で、「美男<イケメン>☆スター誕生」のパク・ユファン、「パンダさんとハリネズミ」ユン・スンア、バレリーナ出身で「グッド・ドクター」で注目されたワン・ジウォンなど、豪華な顔ぶれが実現!さらに、ヒロインの元カレとして、「ジャイアント」「ずる賢いバツイチの恋」のチュ・サンウク、人気歌手で俳優としても活躍のアレックス(「メディカル・トップチーム」)、同じく人気アーティストのジョン・パクが出演! さらに「ロマンスが必要2」のキム・ジソクの登場は、“ロピル”ファンへの嬉しいサービス!

 

★トップアーティストのイ・ヒョリをはじめソンジュンもOST に参加!
2013 年にMnet アジアミュージックアワード最優秀女性アーティストに選ばれるなど、多大な影響力で他を圧するトップアーティスト、イ・ヒョリ。彼女が夫イ・サンスンと結婚後初のコラボを行ったのが、女性の心情を切なく歌い上げた「Don’tcry」。この他、ソンジュンが熱唱する「愛は笑うこと」もロマンティックな感動を盛り上げる!

 

★胸キュンの連続!名セリフの宝箱!

劇中に登場するセリフの数々が、恋する想いや30 代女性の本音を率直に表現していると、大きな話題に!年下イケメンに、年上上司から放たれる数々の胸キュンセリフに、撃沈すること間違いなし!「君がまた泣けるようになってよかった。僕の前で泣けばいい」(第8 話より)

 

 

사본 -「抱きしめたい~ロマンスが必要~」DVDリリース-0024 ©CJ E&M CORPORATION, all rights reserved.

【STORY】
テレビショッピング会社で働くシン・ジュヨン。ビジネスウーマンとしては一流だが、過去に何回も恋に失敗し、素直に自分の気持ちを表現することが苦手。一方、音楽家のチュ・ワンは、少年時代に年上のジュヨンに恋していた想い出を胸に、17 年ぶりにアメリカから帰国。性格が変わってしまった彼女に、少なからずショックを受ける。だが、ジュヨンは上司のカン・テユンに強く惹かれており…。そんな中、ワンの母親に恩があるジュヨンは、住むところのないワンに自宅を提供する羽目に。果たしてこの恋のトライアングルはどんな結末を迎えるのか―!?

 

【CAST】
ソンジュン「九家(クガ)の書 ~千年に一度の恋~」「私に嘘をついてみて」
キム・ソヨン「TWO WEEKS」「検事プリンセス」「IRIS -アイリス-」
ナムグン・ミン「ホジュン~伝説の心医~」「清潭洞<チョンダムドン>アリス」
ワン・ジウォン「グッド・ドクター」
パク・ユファン「美男<イケメン>☆スター誕生」「千日の約束」
ユン・スンア「黄金の帝国」「太陽を抱く月」

 

【STAFF】
演出:チャン・ヨンウ「ロマンスが必要」「ロマンスが必要2」
脚本: チョン・ヒョンジョン「ロマンスが必要」「ロマンスが必要2」

 

【2015 年2 月4 日(水)】
「抱きしめたい~ロマンスが必要~」DVD-SET1

GNBF-3283/4 枚組・第1 話~第8 話収録/¥15,200+税
※レンタルDVD 同時リリースVol.1~5

【2015 年3 月4 日(水)】
「抱きしめたい~ロマンスが必要~」DVD-SET2
GNBF-3284/4 枚組・第9 話~第16 話収録/¥15,200+税
※レンタルDVD 同時リリースVol.6~11

【各共通特典】
アウターケース仕様、ブックレット(8P)、特典映像(メイキング 他)

【共通仕様】
カラー/音声:韓国語2ch ステレオ ドルビーデジタル/字幕:日本語/16:9 HD サイズ
※発売日・仕様・特典は都合により予告なく変更する場合がございます。

 

発売・販売元:NBCユニバーサル・エンターテイメント
DVD 公式サイト:http://kandera.jp/sp/dakishimetai/
トレーラー:http://youtu.be/OlUHCi18K7c
韓ドラデラックス:http://kandera.jp/
2014 年製作/韓国/全16 話  ©CJ E&M CORPORATION, all rights reserved.

2015.03.05

blank