《韓国ドラマNOW》「ヴィンチェンツォ」20話、クァク・ドンヨン、オク・テギョンに撃たれて死亡...ソン・ジュンギに「私よくやったでしょう?」=ネタバレ・あらすじ


※ネタバレ・あらすじになる内容が含まれています。

「ヴィンチェンツォ」で、クァク・ドンヨンがオク・テギョンに撃たれて死亡した。

2日午後に放送されたケーブルチャンネルtvN土日ドラマ「ヴィンチェンツォ」最終回20話では、異母兄弟チャン・ハンソク(オク・テギョン、チャン・ジュンウ役)の銃に撃たれて死亡するチャン・ハンソ(クァク・ドンヨン)の姿が描かれた。

この日チャン・ハンソは、チャン・ハンソクがホン・チャヨン(チョン・ヨビン)を撃っただけでは足りず、ヴィンチェンツォ(ソン・ジュンギ)に銃口を向けると全身を投げてそれを防いだ。

彼はチャン・ハンソクに「お願いだからやめろ。お前は生まれてはならなかった。絶対に。このゴミ野郎」と叫んだ。

しかし、それにもかかわらずチャン・ハンソクは暴走を止めずにチャン・ハンソに向かって銃を撃った後、逃走した。

倒れたチャン・ハンソは、ヴィンチェンツォに 「私はよくやったでしょう? 生まれて初めて人間らしかった。ありがとう。ありがとうございました」と最後の言葉を残して目を閉じた。

WOW!Korea提供

2021.05.02

blank