俳優イ・ジョンソク、大ヒットを呼ぶ“卓越した選球眼”に注目…今後も活躍に期待ふくらむ

1月に軍を除隊したイ・ジョンソクが俳優としての活躍に拍車をかけている。

イ・ジョンソクは、パク・フンチョン監督の映画「魔女2」への特別出演に続き、映画「デシベル(仮題)」の主演としてキャスティングされた。ドラマ「ビッグマウス」への出演検討中の知らせも伝わって、映画やドラマで今年、イ・ジョンソクに多く会えると注目されている。

最近撮影を開始した映画「デシベル(仮題)」は音に反応する特殊爆弾で都心を占拠しようと試みるテロ犯と彼らのターゲットになった海軍兵長出身の1人の男が、半日かけて展開していく都心テロアクション映画だ。今回の作品でイ・ジョンソクは海軍大尉役を担い、潜水艦で乗組員らと苦楽を共にし積み重ねた線友愛を通じ、特有の心に響く感情演技を披露していく予定だ。

「魔女2」には特別出演する。映画「V.I.P. 修羅の獣たち」を通じて縁があるパク監督のオファーで「魔女2」に出演する計画だったが、軍入隊の問題でスケジュール調整が難しくなり、特別出演となった。除隊後、彼は自身のInstagramを通じて長髪スタイルを公開し、セクシー美で話題を集めた。これは「魔女2」で演じたキャラクターのためだという。

(2ページに続く)

2021.04.30

blank