ソ・イングク 、ドラマ「滅亡」のパートナーパク・ボヨンの演技力に毎回感心

ソ・イングクがパク・ボヨンの演技力に感心した。

29日午前放送されたSBSパワーFM「キム・ヨンチョルのパワーFM」でソ・イングクは、現在の近況について伝えた。

ソ・イングクは現在「『ある日、私の家の玄関に滅亡が入ってきた』を6ヶ月間撮影中」と述べた。これにキム・ヨンチョルがパク・ボヨンの演技に感心したかと尋ねると、ソ・イングクは「毎回毎分感心している」とパートナーを称賛した。

ソ・イングクは「パク・ボヨンと親しい」と言って親交を表わした。

一方、ソ・イングクは5月、映画「パイプライン」の公開、5月10日からはtvNドラマ「ある日、私の家の玄関に滅亡が入ってきた」の放送を控えている。

2021.04.29

blank