俳優ソ・イングク、見事な“盗油師”へのイメチェンで新作「パイプライン」への期待高まる


韓国俳優ソ・イングクが、映画「パイプライン」で新たな“変身”を見せてくれそうだ。

ソ・イングクは、本作でこれまで見たことない新たな役に挑む。「パイプライン」は韓国の地下に隠された数千億ウォンの油を盗んで人生の逆転を夢見る6人の“盗油師”が繰り広げるチームプレーを描いた犯罪娯楽映画。

本作でソ・イングクは、盗油業界で一番の穿孔技術士ピンドルを演じる。2013年の映画「君に泳げ! 」以来、久しぶりの映画出演とあってさらに関心が注がれている。

ソ・イングクは、これまでドラマ「応答せよ1997」、「主君の太陽」、「高校世渡り王」、「王の顔」、「ショッピング王ルイ」などジャンルを問わず独自のキャラクターを誕生させ、“信じて見る俳優”に成長してきた。また来月10日にはtvNの新ドラマ「ある日、私の家の玄関に滅亡が入ってきた」が放送を控えている。

このように作品ごとに印象的な演技を見せてきたソ・イングクは「パイプライン」を通じてこれまでのロマンチックな姿とは全く違う自信にあふれたキャラクターでのイメチェンを予告している。

本日(28日)に公開されたスチールでは、穿孔作業中の姿から盗油作戦に巻き込まれる様子までソ・イングクの多彩な魅力が詰まっており、期待を高めている。

さらにソ・イングクと3回目の共演となるイ・スヒョクはもちろん、ウム・ムンソク、テ・ハンホ、ペ・ユラム、ペ・ダビンといったベテラン俳優たちとの“ケミ”も見どころだ。

映画「パイプライン」は、韓国で初めて“盗油犯罪”という新鮮な素材を扱った作品で、映画「マルチュク青春通り」、「卑劣な街」を演出した映画界のストーリーテラー、ユ・ハ監督の久しぶりの新作。韓国で来月に公開を予定している。

WOW!Korea提供

2021.04.28

blank