「P1Harmony」、カムバックと同時に海外メディアも関心…米国雑誌からスポットライト


「P1Harmony」がカムバックと同時に海外メディアの熱い関心を受けている。

米国のビューティーマガジンAllureと10代をターゲットにした有名マガジンSeventeenは「P1Harmony」の新曲「Scared」カムバックに合わせて、それぞれK-POPシーンに登場した期待の主として「P1Harmony」を紹介して熱い関心を見せた。

Allureは新興4世代K-POPアイドルとしてのビューティールーティーンと新曲「Scared」の中のスタイリングを扱った。ギホは、新しいアルバムのスタイリングについて「新曲『Scared』は、強烈で爆発的な音楽なので、ヘアとメイクでもそのような部分を表現しようとした」と伝え、ジョンソプは「テオのユニークなピンク髪、ギホのネイビーブルーヘアスタイルなど、目に見えて一風変わったヘアカラーが互いにバランスを取りしながら、私たちの歌詞とメロディーに込められた感情を表現する」と自分のメッセージとビジュアルコンセプトの間のリンクを説明した。

一方、SeventeenはK-POPファンが気にする「P1Harmony」の日常を扱った。 K-POPを最も愛する人に選ばれたインタクは「好きな先輩がいたら衣装の種類ごとに、放送局ごとに視聴する」とし、「表情をどのようにするか、動作はどのように違うのか研究している」と述べ、舞台への情熱を燃やした。

「P1Harmony」は20日、新アルバム「DISHARMONY:BREAK OUT」でカムバックした。タイトル曲「Scared」を通じて、不平等な枠組みから抜け出すことを放棄した人々に「自分を信じて、恐れずに、声を出そう」と話し、前向きな勇気を伝える。

特に「P1Harmony」は、ボールを交わしアメリカンフットボールを連想させるパフォーマンスを介して強力なストーリーテリング振り付けを構成した。音楽∙コンセプト∙パフォーマンスなど多方面の魅力が加わって完璧な相乗効果を出して「ステージヒーロー」から「ステージブレイカー」へと進化した「P1Harmony」の舞台を完成させる。また、今回のアルバムの予約量が、過去のアルバムに比べ4.7倍に増加するなど、急成長を見せている。

2ndミニアルバム「DISHARMONY:BREAK OUT」を発表した「P1Harmony」は23日にKBS 2TV「MUSIC BANK」を通じてカムバック舞台を繰り広げる。

WOW!Korea提供

2021.04.23

blank