【全文】イ・ガフン側「校内暴力を認めていない、虚偽の報道へは法的対応」

チャンネルA「ハートシグナル3」や「フレンズ」に出演し顔を知らせたイ・ガフンが、校内暴力疑惑を認めたという話が流れている中、イ・ガフンの法務法人がこれに対して公式に反論した。

昨年、イ・ガフンに対する校内暴力疑惑が提示された。それ以降イ・ガフンは校内暴力を否定し、疑惑を提起したA氏を相手に訴訟を起こした。これと関連し、先日ある報道媒体はイ・ガフンがA氏を相手に”虚偽事実”ではなく、”事実摘示名誉毀損罪”で告訴をし、法曹界の言葉でこれは「校内暴力の話が事実であるという前提で進められること」だと報道した。だがイ・ガフン側はこれを全面的に否定し、反論した。

以下、イ・ガフン側の公式立場全文

イ・ガフンの告訴代理である法務法人YK(担当弁護士チョ・インソン、担当弁護士キム・ジフン)は、「イ・ガフンが告訴過程で校内暴力の加害事実を認めた」という言論報道の内容は、全くの事実無根であることを明らかにし、イ・ガフンが最近まで該当の掲示板文章の内容が虚偽であることを法廷で強弁してきた。

いわゆる「事実摘示名誉毀損」は、摘示する事実が必ずも真実であれば成立するということではない。虚偽なのか真実なのか、真偽が不明確な事実であってもこれを批判の目的で作成されたら、名誉毀損罪が成立できる。すなわち、名誉毀損罪で問われる「事実」というのは「真実」を意味しているのではなく、侮辱罪でいう「価値判断」と対比される事実の摘示を意味する概念であるだけだ。

(2ページに続く)

2021.04.03

blank