「BTS(防弾少年団)」日本ベストアルバム発売前に、今日(2日)新曲全世界同時公開


韓国男性グループ「BTS(防弾少年団)」が日本ベストアルバム発売の前に新曲「Film out」を先行公開した。

「BTS」は2日に「Film out」の音源公開と同時に公式YouTubeチャンネルにミュージックビデオを掲載した。この曲は日本の映画「劇場版 シグナル 長期未解決事件捜査班」の主題曲で、映画上映日に合わせ先行公開された。

「Film out」は恋する人に対する切ない歌詞が印象的なバラード曲だ。メンバージョングクが作曲に参加、日本のロックバンド「back number」と協業した。ミュージックビデオでも哀憐な雰囲気が漂う。7人のメンバーは誰かを恋しがっているような空虚で寂しい様子を繊細に表現した。

「BTS」はことし6月16日に日本でベストアルバム「BTS、THE BEST」を発表する。本日公開された新曲「Film out」と全世界を総なめしたデジタルシングル「Dynamite」を含め、「血、汗、涙」、「FAKE LOVE」、「IDOL」、「MIC Drop」、「ON」などの日本語バージョン、「Your eyes tell」、「Crystal Snow」など日本オリジナル曲まで2017年から4年間「BTS」が日本で発売したシングルとアルバム収録曲の計23曲が込められる。

今回のベストアルバムでは2017年から今までの「BTS」の輝く活躍を確認できる。「BTS」は2017年5月、7thシングル「血、汗、涙」の日本語バージョン発売後に続いた日本ツアーコンサートで6都市を回り13回の公演を開いて観客14万5000人を動員し、同年12月に発売された日本オリジナル曲「Crystal Snow」は日本現地でクリスマスキャンペーンメインソングとして大きく愛された。

「BTS」はまた2018年には日本オリジナル曲「Let Go」がドラマ主題曲として選定された「Don’t Leave Me」を含めたアルバム「FACE YOURSELF」を発表し、ワールドツアーの一環で初東京ドームコンサートを盛況に終わらせた。

以後にも日本内で「BTS」の躍進は続いた。2019年日本でスタジアムツアーを開き、計4回の公演で観客21万人を集め、同年7月に発表した10thシングル「Lights/Boy With Luv」は日本レコード協会で「ミリオン(100万枚以上販売)」認証を受けた。これはシングルでミリオン認証を獲得した最初の海外男性アーティストという記録だ。

全世界を総なめにした「Dynamite」は日本でもストリーミング3億回(ビルボードジャパン集計基準)を突破し熱い人気を得た。日本オリジナル曲「Stay Gold」が収録された「MAP OF THE SOUL : 7 ~ THE JOURNEY ~(2020年7月発売)」は第35回日本ゴールドディスク大賞で「アルバム・オブ・ザ・イヤー」、「ベスト 3 アルバム」など計8部門を受賞した。

さらに「BTS」は最近イギリス最高権威の音楽授賞式「2021ブリット・アワード(The BRIT Awards)」で「International Group」部門にノミネートされ、ブリット・アワード史上初の韓国歌手の受賞候補となった。この授賞式はことし5月11日(現地時刻)のイギリス・ロンドンで開催される予定だ。

WOW!Korea提供

2021.04.02

blank