パク・ナレ、制作陣の謝罪にもセクハラ物議 収まらず…直接立場を出すか


韓国の女芸人パク・ナレがウェブ芸能「ハイ・ナレ」放送途中にした行動でセクハラ物議が巻き起こった。これに関連し制作陣が謝罪したが物議は今も持続されている。一部ではパク・ナレ本人が直接立場を表明するのではないかとの意見も出ている。

23日STUDIO WAFFLE公式YouTubeチャンネルには「ハイ・ナレEP.2」では「最新流行玩具体験」を放送した。しかし「それでは刺身料理を添えて…」というタイトルの映像が掲載された。該当映像でパク・ナレは男性人形の服を脱がせ着替えさせながらセクハラ性のある発言や行動をし物議を巻き起こした。一部のネットユーザーは男性が同じ行動をしても同じようにただ過ぎ去るかと問題を提議した。

これに制作陣は該当映像を非公開処理し、公式に謝罪した。「ハイ・ナレ」制作陣は24日、STUDIO WAFFLE YouTubeチャンネルコミュニティ掲示板に「2話の映像と関連し視聴者の皆様へ失望感を与えた点を心から謝罪いたします」と謝罪文を掲載した。

また、「視聴者の皆さんの意見を真摯に受け止め、 第2話は再編集する予定で、今後公開される動画についてもスタッフが気を付けていくようにします。スタッフの過激な演出とキャラクター設定により、出演者の方にまで被害を与えてしまった点に関しても申し訳ない気持ちでいっぱいです」と伝えた。

しかし制作陣の謝罪にもかかわらず物議は衰えていない状況だ。一部のネットユーザーは今も「過度なアドリブだった」「一線を越えすぎた」「今回はちょっと酷かった」「男だったら芸能界も引退させられるレベルだ」としパク・ナレの行き過ぎた行動に対する批判を続けている。

今回の物議に対しパク・ナレは、25日午前現在までは立場を出していない。これに今後パク・ナレが 今回の事案と関連し直接口を開くかもしれないと関心が高まっている。

一方 「ハイ・ナレ」はパク・ナレとユーチューバーのヘイジニーが一緒に出演するウェブ芸能番組(童心強勢注入リアリティ番組)だ。世代を超えた人気を誇るユーチューバー代表のヘイジニーと“19禁”代表のパク・ナレが共演し放送をするというコンセプトだ。

WOW!Korea提供

2021.03.25

blank