「SUPER JUNIOR」、WHO事務局長もハマった「House Party」… ”音楽でコロナ予防”


世界保健機関(WHO)事務局長テドロス・アダノムが「SUPER JUNIOR」に感謝の気持ちを表した。

19日、テドロス事務総長は、個人SNSに「SUPER JUNIOR」の新曲「House Party」のミュージックビデオのリンクを掲載して、「私たちに『SUPER JUNIOR』の新しい歌『House Party』を共有してくれたファンに感謝する。私たちは、このコロナ禍にお互いを保護し、新型コロナを制御するための予防措置を維持する必要がある。音楽を通じて、私たちに思い出させてくれてありがとう」と述べた。

続いてWHOは公式SNSストーリーに、ポストキャプチャ画像と一緒に「SUPER JUNIOR」の「House Party」のミュージックビデオのリンクをアップロードするなど積極的に関心を見せた。

16日に正式に発売された「SUPER JUNIOR」の10thアルバムタイトル曲「House Party」は、軽快で楽しいリズムとギターのリフが中毒的なディスコポップジャンルで、トレンディなメロディーとトラップが加わった力強いダンス曲だ。

特に歌詞には「もうすぐだ、最後の一人まで起きる時を合わせ」、「触れなくても、すべてつながっている世界」など新型コロナにより、誰もが難しい状況にいるが、わずかな日常を忘れないようにが伝え、もうすぐだから頑張って、羽目を外すのはしばらく止めておこうと督励を愉快に解いた。

「SUPER JUNIOR」の10thフルアルバム「The Renaissance」は発売と同時にiTunesのトップアルバムチャート世界22の国と地域で1位を占めて、QQミュージックなど中国の主要音楽サイトデジタルアルバム販売チャート1位をさらって熱い人気を得ている。

WOW!Korea提供

2021.03.21

blank