「全文」東方神起ユンホギャラリー一同、2次声明文発表…ユンホの名誉回復要請にもSMの無責任な態度糾弾!

東方神起ユンホをめぐるいくつかの疑惑に関してファンが2次声明文を発表した。
16日、あるオンラインコミュニティには、ユンホに対しての2次声明文が掲載された。
公開された記事によるとファンは、最近報道されたユンホの遊興飲食店出入り疑惑に関して「SMエンターテイメントが、MBC『ニュースデスク』を相手に強硬な法的対応をすることでユンホの名誉を回復させてくれるよう強く要求したが、無返答で一貫している所属事務所の無責任な行動を糾弾しないわけにはいかない」と述べた。
それとともにユンホが過去、家族法人としてビルを購入したという疑惑について、所属事務所の立場表明を要求した。
これに先駆けユンホは、新型コロナ防疫指針を破って遊興酒屋に夜10時過ぎても留まったという疑惑で波紋が広がり、家族法人でビルを所有しているという事実が明らかになって論議が起こった。これにより、広告の削除や放送降板要請など、イメージに大きな打撃を受けている状況だ。

以下は、ユンホのファンクラブの2次声明文全文。
声明文
グループ東方神起のメンバーユンホを応援し支持するファンコミュニティ「ユンホギャラリー」として公式立場を発表します。
12日にユンホの所属事務所SMエンターテイメントは、MBC「ニュースデスク」の報道に関して「正確に確認しないまま、事実とは異なる報道をした部分は甚だ疑問だ」という断固とした立場を明らかにしています。
これにファンは、SMエンターテイメントにMBC「ニュースデスク」を相手に強硬な法的対応によりユンホの名誉を回復させるよう強く要求したが、無返答で一貫した所属事務所の無責任な行動を糾弾しないわけにはいきません。
そして15日、ユンホが以前、家族法人としてビルを購入したという疑惑が浮上した点についても、所属事務所の明確な立場を要求します。
ファンは資本主義社会で最善の節税方法を見つけることは合理的な消費行為と思っています。
ただし、ユンホが2018年にMBCバラエティ番組「ドゥニア」に出演して、将来を心配する後輩に自身の夢を紹介した発言が現実の乖離が発生したという点で、多少物足りなさが残るのは事実です。
ユンホギャラリー一同は、政府が「不動産との戦争」を宣言した厳重な時期に、このような事柄で国民を不愉快にさせて申し訳ないという言葉を代わって申し上げ、今後ユンホがさらに成長する歌手として飛躍することができるよう近くでアドバイスを惜しまないことを約束します。
ありがとうございます。
2021年3月16日
ユンホギャラリー一同

2021.03.16

blank