ASTROチャ・ウヌ、デビュー前のアイドルグループCiipherに心から慰労「チプサブイルチェ」

ASTROチャ・ウヌが、後輩グループであるCiipherのメンバーを心から慰労した。
今日(14日)放送されたSBSバラエティ番組「チプサブイルチェ」は、Rain(ピ)とメンバーがデビューを控えたアイドルグループCiipherの舞台を見守る様子が描かれた。
この日Rain(ピ)とタク・ジェフン、イ・サンミンは「失敗カメラ」を準備した。デビューを前にしたグループCiipherのメンバーのタンが何度もダンスを間違えた。これをRain(ピ)が責めてメンバーをだますという計画だった。

Rain(ピ)は、「失敗カメラ」に先駆けてチプサブイルチェのメンバーに「私は、アイドルグループをプロデュースした。3年間準備した。ウヌがアイドルとして先輩だし、イ・サンミン先輩もプロデューサーじゃないか。イ・スンギさんもボーカルを評価できそうだ」として、Ciipherの舞台を評価してほしいとお願いした。
Ciipherは、チプサブイルチェのメンバーの前でダンスと歌を披露し始めた。しかし、メンバーのタンが相次いでダンスのミスをし、Rain(ピ)は怒ったような表情で「ちょっと話をしたい」とメンバーを連れて出て行った。

(2ページに続く)

2021.03.14

blank