チャン・ナラ&ジョン・ヨンファ(CNBLUE)、ドラマ「テバク不動産」シナリオリーディング開始

「おかしくて不気味な不動産が扉を開きます!」
KBS 2TV水木ドラマ「テバク不動産」で、チャン・ナラ、ジョン・ヨンファ(CNBLUE)、カン・マルグム、カン・ホンソク、アン・ギルガン、ホ・ドンウォンが最初の出会いから大ヒットのオーラを与える「シナリオリーディング」の現場を公開した。

4月14日に初放送を控えたKBS 2TV水木ドラマ「テバク不動産」は、公認仲介士の退魔師が退魔専門詐欺師とひとつのチームになって廃家となった不動産の怨霊や地縛霊を退治し、数奇な事情を解放する生活密着型の退魔ドラマだ。何より映画のシナリオ作家出身のハ・スジン、イ・ヨンファ、チョン・ヨンソ作家で構成され作家陣と「学校2017」「裸の消防士」「看書痴列伝」などを演出したパク・ジンソク監督の出会いで新鮮さでいっぱいになったドラマの誕生を伝えた。
これと関連して「テバク不動産」のパク・ジンソク監督とチャン・ナラ、ジョン・ヨンファをはじめとする主要俳優たちが一堂に会してあいさつをした。

「頑張ります。よろしくお願いいたします」というチャン・ナラのあいさつを皮切りに、ジョン・ヨンファは「最善を尽くして頑張ります。よろしくお願いします」と意欲を燃やした。続いてカン・マルグム、カン・ホンソク、アン・ギルガンらも立ち上がって丁寧にあいさつした。最後に、パク・ジンソク監督が「あたたかい心で来ることができる楽しい撮影現場になるように努力します」という覚悟を伝えながら、熱気にあふれる「テバク不動産」のシナリオリーディングの火ぶたを切った。

(2ページに続く)

2021.03.08

blank