日本人練習生が大活躍!“中国版PRODUCE101”「創造営2021」、第1話が放映開始から19時間で6千万回再生突破


17日に中国の人気オーディション番組「創造営2021」(日本語読み:ソウゾウエイ ニーゼロニーイチ、英語名:CHUANG2021)の第1話(前編)が放映(WeTV)され、放映から19時間で6,000万回再生を突破した。

第1話では、練習生の最初のグループ分けが行われ、17日に放映された前編では、17人の日本人練習生のうち7人が3組に分かれてパフォーマンスを披露した。 登場した日本人練習生のいずれのグループも、圧巻のパフォーマンスを披露し、スタジオのその他の練習生やメンター(先生役)たちからは、驚きの声があがった。

最初に登場をした「INTERSECTION」の3人は、グループの誕生から日本での活動の様子まで番組中で詳しく紹介。その洗練されたルックスとパフォーマンスでメンターたちを引き付け、「追試」と呼ばれる個人パフォーマンスの機会を3人全員が獲得し、歌とダンスを披露した。

羽生田挙武(アム)と喜内優心(キウチ・ユウジン)は中国人練習生の呉宇恒(ウー・ユーハン)と張騰(ジャン・タン)の4人グループでパフォーマンスを披露。言語が通じないながらもチームワークを発揮し、台湾の人気グループ「F4」の「流星雨」を中国語で歌い上げた。また羽生田挙武は追加テストで、中国でもカバーされて知名度の高い吉川晃司の「モニカ」を日本語で披露し、グループ内の最高得点を獲得した。

国際的なダンス大会で何度も受賞歴のあるサンタとリキマルは、登場から“ダンスの先生! ”とスタジオの練習生たちから歓声を浴びた。自身で振りつけをしたパフォーマンスを披露した後には、メンターのエンバ(f(x))が感動のあまり「(ダンスの)先生! 先生! 」と日本語で呼びかけるシーンもあった。サンタとリキマル共に追試を行い、サンタは即興のダンスを2回披露。終了後には体調を崩し舞台に倒れこむというハプニングも起こったが、その高いダンス技術と真摯に取り組む姿勢がフォーカスされ、中国のSNS Weibo上でも「そのダンスレベルからすると、生徒ではなく先生がふさわしい」など大きな話題となっている。

その他、オンライン投票の規則や最終的にデビューできるのは上位11人であることなども発表された。次回後編の放送は20日(土)日本時間21時からを予定しており、第2話以降は毎週土曜日に放映予定だ。

WOW!Korea提供

2021.02.19

blank