「バラコラ」俳優チョン・イル、ケータイ写真7万枚は記録用!? 「旅行」「幼少期&ハイキック」「母」などのエピソードを写真と共に公開!

2月9日(火)に新トークバラエティ「フォンクレンジング」(MBC)がスタートし、ゲストとして俳優チョン・イルが登場した。同番組は、捨てることも、整理することもできず溜まっているケータイの中の写真を依頼人の好みに合わせ、代わりにまとめてくれる全3話の写真整理サービスバラエティ。MCは歌手ユン・ジョンシン、女優ユ・インナ、ラッパーのDinDinだ。

依頼人として登場したチョン・イルは、ユ・インナと会うのは初めて。ちょっと意外な気もしたが、2人であいさつを交わすところからスタートした。チョン・イルはこの10年で撮った7万987枚の写真がケータイに入っているという。消せないでいたのは、30年後に、結婚して子供ができた場合、自分の思い出を子供と共有したいからだとか。MCたちから「30年後なら孫じゃない? 」というツッコミが入っていたが、そういうことらしい。

それともう一つ。交通事故により、部分記憶喪失になったため、自分が生きてきたその瞬間を忘れないため、写真で記録してきたという。とはいえ、そろそろ写真を整理するときが来たのではないかと思い、今回依頼することになったそうだ。

チョン・イルのケータイは512GBだが、そのうち写真の容量だけで200GB。今回のフォンクレンジングの第1段階で、まずは7万枚から7000枚に整理。アルバムフォルダを18から5つにまとめた。写真を見ると、その人となりがある程度分かるが、まとめられた5つのフォルダには「旅行」、「本人」、「幼少期&ハイキック」、「母」、「シェフ イル」と名前が付けられていた。つまり、これがチョン・イルを表すキーワードということだ。

チョン・イルの旅行の鉄則は、「旅行に行ったら現地のものを食べること」。日本を旅行したときに食べたというウニの写真もあった。また、その国の文化を知ることができるという理由で、「現地の美術館を訪問する」こともルーティンだという。

そのため、食べ物や美術館の作品写真がかなりあったが、MCたちから、おいしそうに見えないし、構図も悪いとつっこまれるほど、美的感覚は全くなし(笑)。完全に記録用だ。ただ、風景写真だけはカメラマンのようにキレイに撮れていた。

(2ページに続く)

2021.02.11

blank