「覆面歌王」2AMチョ・グォンが第1ラウンドで脱落「キーが低かった」

image

2AMのチョ・グォンが第1ラウンドで脱落した。
18日に放送されたMBCの旧正月特番「ミステリー音楽ショー-覆面歌王」の第1ラウンドの最初の対決で、オレンジの羽を付けた女性歌手と、青の仮面を付けた男性歌手が「男と女」を歌った。
2人は聴く人を驚かせるほどの実力で、うっとり聴き入るような歌声を披露。対決結果は、オレンジの羽を付けた女性の勝利だった。
司会のキム・グラは青の仮面を付けた男性歌手の正体について、「特Aアイドルは出てこない。メインボーカルではなく、サブボーカルのようだ」と推測。
番組ルールにより、覆面を取った青の仮面の歌手は、チョ・グォンだった。チョ・グォンが「僕には曲のキーが低かった」と残念がると、キム・グラは「グォンはAクラス」とコメントを変え、笑いを誘った。そして、チョ・グォンは「3曲準備したのに、とても残念」と脱落した心境を伝えた。
同番組は、ZE:Aのグァンヒ、Girl’s Dayのユラ、B1A4のサンドゥルらがパネラーとして出演。彼らの他に審査に参加した若者88人を含む99人が出演者8人の歌を評価した。

2015.02.18

blank