女優パク・ハンビョル、夫の性売買あっせん容疑に再び「嘆願書」提出するか…注目集まる


韓国人気グループ「BIGBANG」の元メンバーV.I(スンリ、20)と同業の会社資金を横領し性売買をあっせんした容疑などで裁判にかけられた女優パク・ハンビョル(36)の夫ユ・インソク元ユリホールディングス代表(35)が1審で懲役刑の執行猶予を宣告された。

ソウル中央地裁は24日午前、業務上横領などの容疑で在宅起訴されたユ・インソク元代表に懲役1年8か月・執行猶予3年を言い渡した。

裁判部は、ユ元代表の控訴事実を全て有罪として認めた上で「ただし、起訴された部分について全て自白し、これを認めている点を参酌した」とし「配当金を全て返還し、合意した点を考慮した」と明らかにした。

ユ元代表はV.Iとクラブ「Burning Sun」事件に関わった人物として挙げられ、業務上横領、性売買あっせん、食品衛生法違反、特定経済犯罪加重処罰などに関する法律違反容疑などで裁判を受けた。

この事件を受け、妻で女優のパク・ハンビョルは昨年4月に終演したMBCドラマ「悲しいとき愛する」以降、芸能活動を中断している。ことし6月にはユ元代表と共にチェジュ(済州)島で生活していると伝えられた。当時、事務所側は「まだ活動復帰の計画はない」と明かしていた。

パク・ハンビョルは夫のために弁護士を通して裁判所に嘆願書を提出したことが伝えられ、注目された。当時、パク・ハンビョルは「夫はこの状況を回避したり、逃走したりする考えは全くない」とし「不拘束の状態で、引き続き誠実に調査を受けることを妻として約束する」と明かしたことが報じられた。

WOW!Korea提供

 

パク・ハンビョルの夫ユ・インソク、善処を訴える…”世の中を知らなすぎた”

・“性売買あっせん”ユ・インソク、最終陳述書で妻で女優のパク・ハンビョルに言及…「夫として父として生きていく」

・女優パク・ハンビョル、10か月前から夫・息子と済州島居住=芸能界復帰はまだ

・女優パク・ハンビョル、夫が性売買あっせん容疑認めたこと受け「恥ずかしくない人生を歩む」

2020.12.24

blank