制作会社「スタジオドラゴン」、今年第3四半期の営業利益160億ウォン…「サイコだけど大丈夫」などが牽引


制作会社の「スタジオドラゴン」が「サイコだけど大丈夫」、「悪の花」、「秘密の森2」などさまざまなコンテンツにより営業利益の成長を見せた。

「スタジオドラゴン」(代表理事:カン・チョルグ、キム・ヨンギュ)が5日午後、2020年の第3四半期実績売上高1063億ウォン、営業利益160億ウォンを達成したと発表した。

「スタジオドラゴン」の今年第3四半期の売上高1063億ウォンは前年同期比で19%減の数値で、「アスダル年代記」や「ホテルデルーナ~月明かりの恋人」など、前年同期に存在していた大型IPの不在に影響を受けた。また、新型コロナウイルス感染症の長期化により昨年同期比の作品数が7作減った影響もある。

しかし営業利益は昨年同期比で46.8%成長した160億ウォンを記録した。このような実績は中国OTT販売やライブラリー単価の引き上げなど、自社ライブラリーの価値上昇が牽引した。それだけでなく、地道に実施した制作費効率化作業を通じた収益性の改善効果が次第に現れ、収益性の改善に青信号が送られていることを確認させた。

「スタジオドラゴン」の保有クリエイター数は第3四半期基準で230人で、昨年同期比45人増加し、累積IP数は166件で前年同期比18件増加した。

(2ページに続く)

 

  • ヒョンビン&イ・ジョンソク効果?…スタジオドラゴンの1分期売上げ1118億「公式」
  • チュ・ジフン、「キングダム:アシン伝」には出演しない…チョン・ジヒョン&パク・ビョンウン、すでに撮影開始
  • スジ(元Miss A)&ナム・ジュヒョク&キム・ソンホ&カン・ハンナ、新ドラマ「スタートアップ」4人組が秋夕のあいさつ
  • キム・スヒョン、ムン・ガンテが忘れられない…ドラマ「サイコでも大丈夫」ビハインド公開
  • 2020.11.05

    blank