「徐福」監督、パク・ボゴムについて語る…"純粋なイメージだと考えたが、動物的な感覚に驚いた"

イ・ヨンジュ監督が、俳優パク・ボゴムの動物的な感覚を称賛した。
27日、映画「徐福(ソボク)」のオンライン制作報告会が行われた。
この日イ・ヨンジュ監督は、パク・ボゴムのキーワードとして「動物的感覚」をあげた。彼は「映画を撮りながら、これまで知っていたイメージが純情で20代なので、私にはずいぶん幼い俳優だし、最近有名な俳優なので、そのイメージが良く、秘密めいた神秘的なイメージが良くて依頼してキャスティングに成功した」と話を切り出した。

続いて彼は「映画を撮りながら、パク・ボゴムは相対的にフィルモグラフィが多くなかったから、適応するのを支援しようという気持ちで現場に行ったが、演技をする時はとても動物的だった」として、「感情を緻密に計算することもあるが、集中力が光っていた。モニタリングしていてびっくりした。ボゴムさんは、その瞬間を変えてしまう目つきとエネルギーがあった」と強調した。
「徐福」は、人類初のクローン人間「徐福」を極秘裏に移すという生涯最後の任務を引き受けることにした情報局要員ギホンが、徐福を狙う複数の勢力の追跡の中で特別な同行をしながら予期せぬ状況に巻き込まれるという話で、12月に韓国で公開予定だ。

  • パク・ボゴム、ふたつの魅力のスーツ姿…颯爽とした姿がときめき与える
  • “軍人”パク・ボゴムの営利行為指摘に海軍が公式立場「質問に即興で答えたもの」
  • <トレンドブログ>女優ハ・ヒラ、パク・ボゴムに感謝の気持ち“良く過ごしているとは感謝、どこにいても光と塩に”
  • 俳優パク・ボゴム、海軍の公式行事で作品の広報活動?営利行為だと物議に発展
  • 2020.10.28

    blank