【全文】“パワハラ暴露”スタイリスト、「アイリーンから直接謝罪。金銭的合意はしていない」

ガールズグループ「Red Velvet」のメンバー、アイリーンが“パワハラ議論”を起こしてこれに対して謝罪した一方で、疑惑を提起したスタイリストA氏が金銭的合意は全くなかったとして、無分別な非難を止めてほしいと要請した。

23日、A氏は本人のSNSアカウントにアイリーンをC氏と称して、「最初、書き込みを掲載した後、私がいかなる行動を取り下げずにいた事はこの状況に備えて毎瞬間、合理的かつ賢明な判断をする必要があったから」とし、「最も大きな理由は、より大きな誤解を生みたくなくて、横行する憶測と乱闘に力を与えたくなかった為」と綴った。

さらに、「その事が起きた直後に私を雇用したB社の関係者の方、その現場にいたマネージャーたちに彼女の過ちを認められて謝罪を受けてきた為、下手に行動する理由がないと考えた」と説明した。これと共に、A氏と一緒に作業したエディター、アシスタントが同行し、アイリーンに会って直接謝罪を受けたと伝えた。

A氏は「これまで何のアクションも取らなかった理由は、初めてこの事を正すべきだと思った時点から私の意志の根本的な目標、目的は彼女が“今後、誰にもそのような行動を取らないという事に対する約束を受けること”と、あの日あの事を受けた私と私のチーム2人に“直接会って謝罪する”、この2つだったから」とし、「私が目標にしていた目的を成し遂げたので、昨日公式謝罪を受けて全ての事を止めた」と説明した。

また、「一部で想像して作り上げられた話の中で、金額的合意のようなことは全くない」として、謝罪を受けた理由については「依頼された事に対して職業的使命を尽くした私と、これまで同じ経験をした同僚たちの為に人格冒涜に対する回復と最小限の尊厳を守るための行動」と綴った。

最後にA氏は「ファンなら、これ以上の線を越えずにとどまって欲しい」、「そのような文章は私にとって何の傷にもならず、彼女にどのような形であれ良い影響を与えない」とした。さらに、デマ助長については対応を準備していると警告した。

スタイリスト兼ファッションエディターのA氏は20日、自身のSNSアカウントでとある芸能人からパワーハラスメントを受けたと主張した。その後、該当文章の中の芸能人が「Red Velvet」のアイリーンだという主張が提起された。A氏が暴露文に「Red Velvet」の楽曲’「psycho」とアイリーン&スルギの「monster」をタグ付けしたのはもちろん、過去に掲載したアイリーンを褒める投稿を削除したからだ。

その後、実際に当該芸能人がアイリーンだという事実が明らかになっており、アイリーンはA氏に会って、自分の過ちを認めて直接謝罪した。アイリーンの所属会社SMエンターテインメントは謝罪と共に再発防止を約束した。これにA氏も、アイリーンと関連した暴露文を削除した。
(2ページへ続く)

  • 「Red Velvet」、結局「K-Culture Festival」を欠席=アイリーンのパワハラ騒動の余波
  • 【全文】「Red Velvet」のスタッフ、“パワハラ騒動”のアイリーンを擁護する文章を投稿=「誰よりも温かい人」
  • <トレンドブログ>【直訳全文】DCINSIDE「Red Velvetギャラリー」アイリーン脱退要求声明文
  • アイリーン(Red Velvet)、「K-Culture Festival」欠席か…パワハラ暴露受け調節中
  • 2020.10.24

    blank