「取材レポ」晴れ男!イ・スンギが単独ライブ開催!@UNIVERSAL STUDIOS JAPAN

 

20130831-leeseunggi5

 

 

 

 

8月31日(土)大阪・UNIVERSAL STUDIOS JAPAN(R)にて、ファン待望の「Summer Show 2013 in UNIVERSAL STUDIOS JAPAN(R)」を開催。

 

イ・スンギが「おいしいものをたくさん食べた思い出がある大阪で、UNIVERSAL STUDIOS JAPANについての話は何度も聞いたが、今まで行く機会がなかった」と、今回の単独ショーをとても楽しみにしているメッセージが寄せられていた。

 

その大阪は、前日大雨で野外ステージが心配されたが、久しぶりにファンに会えるイ・スンギのパワーのためか、韓国まで届きそうなくらい首を長くして待っていたファンのラブコールが天に届いたのか、暦の上では秋でも真夏の蒸し暑さの中でファンとともに熱く燃えた、まさしく“サマー・ショー”となった。

 

20130831-leeseunggi

ライブはイ・スンギが白いシャツにブラックスーツ姿で、日本デビューシングル収録曲の「チングジャナ〜友達だから」を歌いながら登場すると、ファンはさらに大きな歓声でイ・スンギを迎えた。

心の奥に秘めた愛、伝えることの出来ない熱い思いを自分自身に言い聞かせるように切なく感情豊かに歌い上げ、大きな拍手が送られた。

 

 

「ありがとうございました。こんにちは。大阪のみなさん、イ・スンギです。すごいですね。久しぶりに大阪に来ました。会いたかったです」と日本語でファンへの思いを込めてあいさつ。

そして「みなさんも同じですね。ありがとうございます。大阪2年ぶりです。すごく緊張していますけど頑張ります。ユニバーサル・スタジオに初めて来たんですけど、少し恐いけど楽しんでいます。昨日は雨がふって心配しましたが、今日はお天気がいいですね。やっぱり僕が、晴れ男だからですね」と続けた。

 

20130831-leeseunggi1

2曲目は、日本のデビューシングルから「恋愛時代」を6人のダンサーとリズミカルに軽快なステップで披露。間奏では「一緒に!」と、ファンに声を掛けながら客席に向かってファンを誘い込むように右に、左に手を差し伸べるイ・スンギ。

 

その手に合わせて歓声が沸き上がり、白いタオルで流れる汗を拭いながらの熱唱に会場の熱気は急上昇。

客席も盛り上がってきたところで、トークタイムへ。

 

司会者から「たくさんのファンのみなさんの前で歌った気分はどうでしたか?」と聞かれ、「緊張しました」と日本語で答えた後、韓国語で「久しぶりに来たので、すごくドキドキしたし、今年でデビュー10年になります。こんなに朝早くから歌ったことはありませんでした。そして、こんなに明るい場所で午前11時からみなさんにお会いして、とても気分が新鮮ですし、一緒に歌って過ごすとスッピンを見られる気分がします」と答え、会場に笑いの輪が広がった。

 

また、今年でデビュー10周年のイ・スンギに司会者の「セーノ」の掛け声を合図に会場のファンから 「スンギ、おめでとう!」と一斉に声を掛けられると、少しはにかんだようなスンギスマイルを見せ、ファンはまたうっとり。

20130831-leeseunggi2

さらに大阪の印象を聞かれると「ごっつう ええわ~」と大阪弁で即答するセンスの良さに、会場は大爆笑と大歓声に包まれた。 普通は公演の前日に来るところを今回は2、3日前に大阪入りしたとのこと。その間、オリックスの李大浩選手が出場する試合を京セラドームで観戦し、ロッカールームで写真を撮った後、一緒に食事をしたことを日本語と韓国語を混ぜて明かした。

 

李大浩選手とは「友達だから」と、さりげなく歌のタイトルで答えたり、観戦した日はオリックスが負けたが、その翌日にはホームランを打ったため、イ・スンギが一緒においしく食事をした「自分の力のお陰(笑)」と、冗談っぽく話し笑いを誘った。

 

今回は野外公演のため、天候が心配されたことについて「スンギさんって、本当に晴れ男ですよね?」と司会者に言われ「どういう縁か分かりませんが、私が韓国にいない時は(韓国に)大きな台風が来たりすることが多くて、多くの人がそのように言ってくれているようです」と理由を答えた。

 

汗をかきながらの野外ライブに司会者が「さっき歌い終わった後に朝露のようなきれいな汗が出ていましたが、すごくきれいで、美しいわ~」とファンの心を代弁するかのように話して、会場から「わぁ~」と歓声が上がった。

すかさず「はい、カッコイイです(笑)」とイ・スンギ。「ご自分でもそう思いますか?」と司会者につっこまれ、笑いながら「冗談です、冗談です」とあわてて否定。

次に「ごっつう ええわ~」と大阪弁を使ったイ・スンギにもっと覚えてもらおうと、観客が教える大阪弁のワンポイントレッスンが始まった。

 

20130831-leeseunggi9

司会者が客席にマイクを向けると、真っ先に声が上がったのは「めっちゃ好きやねん」。即、「めっちゃ好きやねん」と感情も込めて完ぺきな発音で返し、会場から黄色い歓声が。「知ってたんですか?すごく発音がいいですが」と驚かれ「『ごっつええわ~』『大阪めっちゃ好きやねん』とか『ほんまに』ぐらい知ってますよ」とイ・スンギが答えた。

 

続けておすすめ大阪弁として会場から「おおきに」と声が上がると、今度は「おおきに?サンキュー、ありがとう、おおきに」と、英語、日本語、再度大阪弁で訳してみせた。さらに「まいど」「もうかりまっか」と声が上がり、大阪は商人の町ということで「もうかりまっか」をピックアップ。『ほんまでっか、ぼちぼちでんな~』を数回練習し、会場からの「もうかりまっか~」の声にイ・スンギが「ぼちぼちだね~」とおしゃれアレンジバージョンを発案したところで次の話題へ。

 

 

「大阪に来て大阪らしい食べ物を食べましたか?」と聞かれ 李浩大選手とお寿司屋さんに行き、今まで食べたお寿司の中で一番おいしかったことや、そのほかにも金龍ラーメンやたこ焼き、お好み焼きを挙げた。

 

20130831-leeseunggi4

続く話題は韓国で6月に撮影が終わった「九家 <クガ>の書(原題)」。イ・スンギが 「見ましたか?」と会場に問いかけ、前日の先行放送を見たファンを見つけて「ありがとうございます」とよろこびを伝えた。 また、「韓国ドラマでは初めてのキャラクターで人間と獣の間という役どころを視聴者に理解してもらう演技がちょっと難しかったです」と役者魂をのぞかせた。さらに大変だったこととして「心細い寂しさが一番大きかった」と答え、「時代劇は山で撮影したので、おいしいものも食べられなくて大変で、扮装するのに苦労しました。獣になる時には怖くない獣、カッコイイ獣になるように努力しました」と撮影の苦労話と演技のポイントを明かし、特殊メイクには3時間くらいかかったことをつけ加えた。

 

一番記憶に残る撮影中の思い出としては「ヒロインのSUZYさん(miss A)とのラブラインもその掛け合いが良くできておもしろかったし、初めて緑色のコンタクトレンズをつけて演技したので新鮮な感じがした」と語った。

 

近況については「最近はアジア・ファンミーティングツアーをしています。タイに行ってきました。次はシンガポール、台北にこれから行きます」と話した後、急にしっかりした日本語で「そして10月に東京でコンサートがあります。一番重要です」と、ファンにとってうれしい報告がなされた。

コンサートのためにライブバンドを準備中で、よしもとばななさんの(恋愛)小説の主人公になったことなども添えてファンの期待を膨らませた。司会者が吉本ばなながイ・スンギをモデルにした恋愛小説をアンアンに連載したことを補足説明し、イ・スンギに「読んでみましたか?」とたずねると、「小説の中の主人公は僕よりカッコイイです」とまじめに答えたところを「本当ですか?」とつっこまれて、笑いながら「冗談です」と答える場面も。

 

夏に休みがたっぷりあったら何がしたいかと質問され、「個人的には大阪のようなところで、静かにひとりで来て食べてゆっくり休みたいです」と。その後はラーメン屋で水をこぼして乾くまで困ったエピソードなどのほか、「彼女ができて2人で海に行くとしたら、水着はどんなタイプがいいか?」との問いには、「やっぱり、ビキニですね(笑)」と答え、会場には笑い混じりのどよめきが走った。そして「今日はみなさん暑いのに来てくださってありがとうございます」と、イ・スンギはトークコーナーをセンスいっぱいの回答と笑いで和やかに展開し締めくくった。

 

20130831-leeseunggi6

3曲目は、一番最後に出たミニアルバムのタイトル曲「Return」をしっとりと聴かせた後、ギターを弾きながら「Tonight」を、続けてギターを置いて5曲目「愛が酒を教える」を歌い上げた。 イ・スンギは白いシャツにスカルつきの黒いベストに着替えて再登場。

 

ファンお待ちかねのプレゼント抽選会がスタート。 最初のプレゼントはUSJオリジナルスムーチュのくまの抱きぐるみ大、小各5体、Tシャツ各5枚ずつをサイン入りでプレゼント。ぬいぐるみにサインしたのは初めてで大変だったなどとイ・スンギが話しながら、直接くじを引いて当選者が確定。イ・スンギが番号を読み上げるたびに会場には歓声が響き渡った。が、なぜかBブロックが続いて他のブロックからは落胆の声も。またBブロックで当選者が出て「スミマセン」と謝り、ファンへの思いやりも見せた。サプライズでイ・スンギのCDが3名にプレゼントされることになり、当選者はファンだと証明するために好きなところ3つ挙げ、持ち歌のワンフレーズを歌うルールでも、見事に全員クリア。

直筆サインにハグまでプレゼントされて忘れられない思い出がプラスされた。

 

「大阪のみなさんと一緒にいられてすごくうれしかったです。大阪に久しぶりに来たのに、こんなにたくさん来てくれて感謝します。いつもたくさん日本に来れないことが申し訳ないんですが、それにも関わらずこうして応援してくれて感謝します。韓国でも日本でも一生懸命がんばります」とあいさつし、「みなさん、一緒に歌ってください」と 「結婚しようよ」をファンと一緒に熱唱、会場の熱気もヒートアップ。

「Smile boy」を最後の曲と紹介し、ステージを所狭しと駆けて、叫んで、ファンと最高の盛り上がりを見せ、「すぐ、行きます!」とスンギは続けてテンポのいい曲を歌って会場のボルテージは最高潮に達した。

「THANK YOU!!」と投げキッスで別れを告げ、一旦終了。

 

20130831-leeseunggi3

鳴り止まぬ「イ・スンギ」コールと手拍子に、「大阪めっちゃ好きやねん。大阪、ありがとう!」と叫んで再び登場。

 

「Slave」を暑さを吹き飛ばすくらいエネルギッシュに歌いきったイ・スンギは「大阪、ありがとう、10月は東京で会いましょう!」と、幕を閉じた。

この後、当選者限定の握手会が行われた。 歌手、俳優、MC、バラエティ、CMなど、何でもござれの“国民の弟” イ・スンギは、トークの中でいつもコンサートの準備のときに選曲が難しいと語った。

 

この日も「チングジャナ〜友達だから」から、間に曲を挟みながら「恋愛時代」、「結婚しようよ」と順序良くつなげた。

 

すっかり大人っぽく確実にステップアップした姿と重ねてみるとき、さらに広がる活躍の場を通して、総合的な実力を魅力に変えてファンを魅了するイ・スンギに、マルチのオーラが輝く。

 

 

取材:photo/repo Korepo(KOREAREPORT INC)

 

イ・スンギの日本公式サイト: http://www.leeseunggi.jp/

 

★ よしもとばななによるイ・スンギをモデルにした恋愛小説「僕たち、恋愛しようか?」

『anan』(マガジンハウス)で好評連載中 。 10月7日書籍化決定!

 

「LEE SEUNG GI JAPAN LIVE 2013」“僕たち、恋愛しようか?”

■日時 2013年10月7日(月) 開場 18:00 開演 19:00
■場所 東京国際フォーラム・ホールA
■全席指定 9,800円(税込)
※お1人様4枚までのお申し込みとなります。
※5歳以上要チケット・4歳以下は保護者1名につき1名まで膝上観賞可

 

★ドラマ『九家(クガ)の書(原題)』9月日本初放送
■ タイトル:『九家(クガ)の書(原題)』
■ 放送局:KNTV
■ 放送日:9/28~毎週(土・日)後8:45~後10:00
■ 出演:イ・スンギ、ペ・スジ(miss A)ほか
■ 提供元:©MBC 2013

詳細: http://www.kntv.co.jp/prog/detail/?p=26143

 

2013.09.02

blank