YGエンタ、8年間力を入れた新社屋への移転スタート

YGエンターテインメントが8年間、力を入れてきた新社屋がついに完工し、去る16日から一部の人材と施設の移転がスタートしたと23日、明らかにした。

ソウル・マポグ(麻浦区)ハプチョンドン(合井洞)に位置するYG新社屋は前の社屋のすぐ隣にある建物で、敷地3145平方メートル(約1千坪)に地下5階〜地上9階建て。室内面積は計6000坪に達する。前の社屋に比べて10倍に達する室内面積だ。

YGは新社屋建設のため2012年から4年間、周辺の土地の買い入れを順次行い、2016年に着工してから約4年で新社屋の建物が完工した。

YGエンターテインメントは「新社屋建築について、すでに建設されたビルを買い入れる方法もあったが、音楽を扱う特殊業種であるため、周辺の商圏や住民に騒音被害を与えてはならないという点に加え、内部の階間・室間の騒音まで完ぺきな遮断が必要だ。厚い防音施設のためには必ず高い階高が必要だが、これは建築段階から徹底的に計算しなくては大変なことだったため」と説明した。

これまで10年間使用していた既存の社屋は地上連結橋を通じて、新社屋と連結される予定だ。

YG新社屋には複層の高さの大講堂をはじめ、大型ダンス練習室7室、大型レコーディングスタジオ7室、専属作曲家とアーティストのための個人の音楽作業室30室が設置された。

(2ページに続く)

・YGエンタ、「iKON」2メンバーが乗った車両の事故受け公式立場 「相応の厳重な措置をとる」

・「YGエンタは約束守ってくれない!」ファンの怒りも頂点に… 「BLACKPINK」の活動求めてデモ

・<トレンドブログ>「YGエンタ」の大型新人「TREASURE」、ついに7月のデビューが決定!

・MINO(WINNER)、ソーシャル・ディスタンス守らずクラブ訪問し”顎マスク”で即席公演…YGエンタが謝罪

2020.09.23

blank