≪韓国ドラマNOW≫「青春の記録」5話、パク・ボゴム、雨の中でパク・ソダムに「お前が好きなようだ」と告白

※あらすじ・ネタバレになる内容が含まれています。

パク・ボゴムがパク・ソダムに告白した。

21日に韓国で放送されたtvNドラマ「青春の記録」では、サ・ヘジュン(パク・ボゴム)がアン・ジョンハ(パク・ソダム)に告白した。

同日サ・ヘジュンは初めての撮影を始めた。サ・ヘジュンは「スヨン、この子は財閥の息子がとても暴力的だ」と述べた。ウォン・ヘヒョ(ピョン・ウソク)は「お前、俺を殴れるのか」と尋ねた。これにサ・ヘジュンは「俺はできないがスヨンはできる」と自信満々に話した。

サ・ヘジュンは撮影に入る前にパク・ドハ(キム・ゴヌ)と息を合わせた。サ・ヘジュンは「一度だけやって終わらせる」ときちんと練習した後撮影に入った。この姿を見たウォン・ヘヒョは「あの子、違う人みたいだ」と述べた。これにアン・ジョンハは「俳優右派やっぱり俳優だ」と述べた。ウォン・ヘヒョは「さっき僕が撮影した時もそうだったのか」と尋ねた。これにアン・ジョンハは「俳優のようだった」と述べ、ウォン・ヘヒョは微妙な微笑みを浮かべた。

サ・ヘジュンは予定になかった別の演技を披露した。監督は「これはいいね」とサ・ヘジュンのアドリブで撮影をしてみようと提案した。これにサ・ヘジュンはパク・ドハと素手で戦いながら格別なアクションを披露し、周囲を驚かせた。しかしパク・ドハはサ・ヘジュンに腹を立て「こうするのが正しいのか」と述べた。それでもサ・ヘジュンはパク・ドハとともにモニタリングを行った。

同日、パク・ドハは撮影中に角材でサ・ヘジュンを誤って殴り、サ・ヘジュンの額から流血した。アン・ジョンハはサ・ヘジュンの額を治療してあげた。サ・ヘジュンはアン・ジョンハを家に送っていこうとした。しかしアン・ジョンハは「誰が誰を連れて行ってくれるのか。あなたは今患者だ」と述べた。これにサ・ヘジュンは「俺は死ぬのか」と尋ねた。アン・ジョンハは「言葉がとても極端すぎて気にいらない」と述べた。

(2ページに続く)

 

  • パク・ボゴム、本物の俳優に覚醒してよどみない疾走「青春の記録」
  • パク・ボゴム&シン・ドンミ、ふたりに何が起きたのか?「青春の記録」
  • パク・ボゴム&パク・ソダム、ドラマ「青春の記録」名場面について語る…”青春とは、夢を持つ健康な心”
  • パク・ボゴム×パク・ソダム、つらい日常を慰めてくれる…胸キュンの連続「青春の記録」
  • 2020.09.21

    blank