パク・ボゴム、本物の俳優に覚醒してよどみない疾走「青春の記録」

 

そんな中で公開された写真には、サ・ヘジュンの熱血の撮影現場が含まれている。わずか数カットに出演するという端役俳優だが、乱れのない彼の輝くまなざしには自信が溢れている。映画に一緒に出演するウォン・ヘヒョのスタッフとして同行したアン・ジョンハの様子も興味深い。それぞれの夢に向かって走る3人が一堂に集まった。果たしてサ・ヘジュンとアン・ジョンハの関係はどのように変化するのか、友人ウォン・ヘヒョとはどのような善なる競争を繰り広げることになるのか、彼らの明日が注目されている。

続いて写真の中の端役サ・ヘジュンと主演パク・ドハ(キム・ゴヌ)の緊張感にあふれた神経戦も興味津々だ。熱くぶつかるふたりのにらみ合いが好奇心を刺激する。自分なりのキャラクターづくりで初の撮影から監督の目に留まったサ・ヘジュン。過去、自分自身を無視したパク・ドハに一発を加えた彼の活躍に期待が高まる。特に、180度異なる見慣れぬ表情のサ・ヘジュンを撮影現場で見守るアン・ジョンハの姿が視線をひきつける。

今日(21日)放送される5話では、映画の撮影からドラマのキャスティングまで花道を歩き始めたサ・ヘジュンの姿が描かれる。傍若無人なトップスターパク・ドハに扮して強烈なインパクトをプレゼントしたキム・ゴヌが再に登場して、パク・ボゴムと最後まで激しくぶつかりながら劇のテンションを引き上げる見込みだ。「青春の記録」の制作サイドは、「俳優としての存在感を表し始めたサ・ヘジュンに道が開かれ始める。彼の熱い歩みが胸をドキドキさせる」として、「お互い共感して近づいたサ・ヘジュンとアン・ジョンハにも、また違ったときめきの瞬間が訪れる予定なので期待してほしい」と伝えた。

・【時代劇が面白い】パク・ボゴムが『雲が描いた月明り』の主人公イ・ヨンを魅力的に分析!(特別編)

・パク・ボゴム&ピョン・ウソク、照明も必要ない輝くビジュアル

・パク・ボゴム&パク・ソダム、ときめきのツーショット…天から降りてきた青年たち

・パク・ボゴム&シン・ドンミ、ふたりに何が起きたのか?「青春の記録」

2020.09.21

blank