「SUPERNOVA」メンバーの海外賭博、暴力団組織と繋がり?警察関係者「関連性の確認できない」

日本でも活動している韓国アイドルグループ「SUPERNOVA(元「超新星」)」メンバーに続き、暴力団組織に属する数十人がフィリピンで違法賭博していたことが確認され、警察は大々的な捜査に乗り出した。

ただし、「SUPERNOVA」メンバーと暴力団組織との「繋がり」については、現時点では確認されていない。

16日、警察庁によるとインチョン(仁川)地方警察庁・広域捜査隊は海外違法賭博容疑を適用し暴力団組織に属する数十人について捜査している。2016年から2019年までおよそ3年間、フィリピンのカジノで違法に賭博した容疑を受けている。このカジノ業者は、違法運営されていたとみられる。

警察は、容疑を受ける全員が同じ組織に属しているのではなく、個別に渡航したとみている。

これを前に、韓国アイドルグループ「SUPERNOVA」のメンバー、ユナク(37)とソンジェ(33)が同容疑で立件された。2人はフィリピンのカジノで最大5000万ウォン(約450万円)に達する賭け金でバカラ賭博した疑いを受けている。

WOW!korea提供

  • 【公式】「SUPERNOVA」ユナク・ソンジェ、海外賭博疑惑で謝罪 「安易な考え…深く反省している」
  • メンバー2人が海外賭博で立件された「SUPERNOVA」、事務所は”沈黙”
  • 「SUPERNOVA」メンバー、海外での賭博疑惑で立件=賭け金は最大5千万ウォン(約450万円)か
  • ソンジェ(SUPERNOVA)、明日(9/9)日本デビュー11周年イベントを控えファンと「たのしみにしてるね」と“星の約束”
  • 2020.09.16

    blank