テミン(SHINee)、男性ソロ歌手のロールモデルとしてのプライドや責任感を感じる一方「人見知りが激しい」と素顔を明かす

ボーイズグループ「SHINee」のテミンが、新譜で3rdアルバムの1枚目「Never Gonna Dance Again : Act 1」に対して紹介しながら、ソロ歌手としての悩みを伝え注目を集めた。

7日に動画サービスV LIVEを通じて放送された「TAEMIN’s ’Criminal’ Lounge」が電波に乗った。

テミンは所属事務所のSMエンターテインメント発のユニット「SuperM」に触れながら、「並行しながら忙しいスケジュールを消化した」としながら、「手首の負傷でスケジュールが重なったが、新しい経験をしたアルバムなので後悔なく楽しかった」と感想を伝えた。このような中で番組開始から5000万ハート(いいね)を達成し驚きを与えた。

(2ページに続く)

・SHINeeテミン、ミンホから送られたフェカーに大喜び!…”ミンホが、テミンを激しく応援します”

・「SHINee」テミンが聞かせる官能的スリラー「Criminal」

・「インタビュー」SHINeeテミン、今日カムバック…“新しい映画の中のキャラクターのような姿を見てほしい”

・「SHINee」テミン、「1泊2日」にダンスの先生で登場…DinDin“教えるのがうまい”

2020.09.07

blank