BTS(防弾少年団)ジミン、ソロ曲「Filter」がWHO新型コロナ予防映像のBGMに使用

世界保健機関(WHO)が、グループBTS(防弾少年団)ジミンのソロ曲を新型コロナウイルス感染症の予防広報映像の背景音楽として使用して話題を集めている。
WHOは5日、公式TikTokのアカウントを使用して、ジミンのソロ曲「Filter」をバックグラウンドミュージック(BGM)に使用した新型コロナ拡散防止予防広報映像をアップロードした。

この映像は、公開直後から巨大な波及力を発揮しながら多数の再生回数を記録し、新型コロナ拡散防止キャンペーンに大きく貢献している。
これに先駆けて3日、WHOの事務総長テドロス・アダノムは、自身のSNSを通じて「BTSジミンと一緒なら確実にこの伝染病を終息させることができます」として、「COVID19に苦しむ人々と医療関係者にあなたたちの音楽で慰めと癒しの言葉をいただきありがとうございます」と伝えた。
これは2日に行われた「Dynamite」のビルボード「ホット100」1位の記念記者会見でジミンのコメントに対するWHO事務局長の反応だ。

当時ジミンは、「継続する新型コロナ終息のために、多くの方々が努力し苦労しておられる」とし、「一度で解決するには大変で、すべての人々が力を合わせなければならない状況なのに、多くの方々が傷ついた」と話を切り出した。続いて「私たちがしなければならないことは、その方々への慰労と気分転換することができるようにすること」として、「私たちがすることに対するもうひとつの目標となった」として、BTSの新たな課題について言及した。
ジミンはTikTokで強烈な影響力を発揮している。ジミンのハッシュタグである「#jimin」は、現在基準でTikTokで141億ビューを突破した。

2020.09.07

blank