ウェブトゥーン協会、漫画家ギアン84の“女性嫌悪騒動”を受け公式発表...「批判は受け止めるが作家の引退要求はファシズムだ」

韓国のウェブトゥーン作家ギアン84の“女性嫌悪騒動”が巻き起こるなか、ウェブトゥーン協会が公式発表を出した。

24日、社団法人ウェブトゥーン協会は、説明文書を提出し、「作家や作品に対する批判を超えた作家の引退要求など、暴力的な主張には断固として反対し、漫画界に代表性のない“漫画界性暴力対策委員会”の越権を糾弾する」と明かした。

ウェブトゥーン協会は作家の追放や連載中断要求は「ファシズムである」と指摘した。さらに「作品自体の価値評価はしない」としながらも「女性嫌悪、性少数者と障がい者、移住労働者などを含む社会的マイノリティーを卑下している疑いがあるという、読者の問題提起と批判については重く受け止めなければならないと痛感している」と話した。

(2ページに続く)

・“女性蔑視騒動”の漫画家ギアン84、出演中の「私は1人で暮らす」は降板なし…今週は欠席

・“女性嫌悪騒動”の漫画「復学王」、作者のギアン84に連載中止を求める署名に1167人が賛同

・ギアン84、「復学生」での”女性嫌悪発言で物議

・「私は一人で暮らす」ギアン84、キム・ヒチョル(SUPER JUNIOR)の肖像画に芸術魂爆発「自己満足度」200%

2020.08.24

blank